仕事図鑑

ゲーム・ITの仕事ゲームプログラマー

キャラクターに様々な動きをつけ、面白さを表現していく

ゲームプログラマーとは

プログラムによってゲームやキャラクターの動きを生み出す仕事

ゲームクリエーター、ゲームデザイナー、プランナー等が構成した仕様書や設計書に沿って、キャラクターの動きや効果音、ゲームシステムの構築など、ゲームのシーンが意図した通りに作動するようにC言語などの開発言語を用いて、ゲームのプログラミングを行うクリエーターを指します。
ゲームを完成させるためには、様々なゲームクリエーターがチームとなって動きます。ゲームプログラマーは、その中でもゲームを動作させるという、ゲーム構築の基盤となる重要な役割です。ゲームプログラマーがいて、初めて企画や構想が商品として形になります

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームの企画をカタチにする仕事

ゲームプログラマーは企画されたゲームの演出や構成を再現するためC言語やJava、PHP等を用いてサウンドやグラフィックの素材を高度で専門的なプログラミング技術でひとつのゲームとして仕上げるのが仕事です。
また、ゲームのプログラミングだけでなく、プログラマーにとって大切なことが企画とのすり合わせです。ゲームプログラムを構築するにあたって、企画の内容によっては実現が難しいものもあります。ゲームプログラマーはプログラミングの観点からゲーム企画に参加しており、その意味では他のプログラマーよりもクリエイティブな位置にいるといえます。まさに、ユーザーが「おもしろい」と思う企画やデザインを最大限に引き出すために、ゲームプログラマーは存在します。ゲームの良し悪しを決めているのはゲームプログラマーのスキルにかかっているといってもいいかもしれません。そのほか、複雑なゲームでもユーザーにストレスを感じさせない快適な操作性や容量オーバー、バグといった様々な要素を考えつつ、品質の高い製品を作り上げていく力がゲームプログラマーには求められます。

プログラミングだけでなく、幅広い役割を担うゲームプログラマーの仕事について紹介していきます。

企画ミーティングへの参加
ゲームを企画する段階からゲームプログラマーもミーティングに参加します。ゲームプログラマーは実際にゲームの仕組みを作っているため、「開発しているゲームが実現できるかできないか」を最も理解しておく必要があります。
そのため、プロジェクトのゲーム開発メンバーから無理な要求があった場合に「できない」と判断することも重要です。しかしその中で、「代替案」を提示してメンバーからの要求を可能な限り実現していく力がゲームプログラマーには求められます。
仕様の決定・確認
ゲームの企画が決まったらプログラミングをする前に仕様を決めます。
・ハード動作環境(ゲーム機・スマホ・PC)
・ハード動作推奨環境(ストレージ容量・メモリ容量)
・ソフト動作環境(OS・ゲームエンジン)
・ゲームの仕様(操作方法・メニュー画面の機能など)
プログラミング
プログラミングをするために、まずは仕様書を読み解く作業から始まります。仕様書は書き手によって千差万別です。仕様書の意図を掴むための読解力も必要です。
デバック
システム開発では「テスト」と呼ばれるプログラミングしたコードの動作確認をする工程です。バグ・欠陥を発見および修正し、動作を仕様通りのものとするための作業で、発見された不具合をゲームプログラマーが修正・改善を繰り返しながら、ゲームの完成度を上げていきます。

ゲームプログラマーになるには

Game_programmer_pic

ゲームプログラマーへの道のり

ゲームプログラマーになるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、プログラミング技術やコンピューター全般の知識は必要です。ゲーム系や情報系専門学校・大学などでプログラミングの専門知識や即戦力になれる技術を習得してゲームメーカーやゲーム制作会社への就職を目指すのが近道といえます。ゲームプログラミングだけではなく、豊富なカリキュラムからゲーム制作全体の知識を体系的に習得できるのも、学校で学ぶ大きな利点といえます。プログラミング言語もバージョンアップなど移り変わりが早いため、プロとして現場に出てからも自発的に最新技術やトレンドを学び、自分を磨く努力、向上心も大切です。

求められる知識・資質を磨く

プログラミング言語の基礎
ゲームプログラマーは、C、C++を中心としたプログラミング開発スキルを習得しておくことが必要です。中にはJavaから学ぶ人もいますが、ゲームプログラマーになるためにはJavaにはない「ポインター」の概念を知っておく必要があります。
3Dゲーム開発で必要なスキル
3Dゲームの開発を手掛けたいと考えている方は、方向と距離を持つ値である「ベクトル」「内積および外積」「物理学における力学」の知識を習得しておくと新機能の実装や自分が作りたいゲームを実現しやすくなります。
求められる人物像
ゲームプログラマーは、一人で黙々とプログラムを組む仕事だと思われがちですが、クリエーターやデザイナーといった、多くの人と関わる職業です。そのため、コミュニケーション力がある人、協調性がある人が望まれます。お互いの意見を交換し、試行錯誤を重ねながら、ゲームのクオリティをより高めていく努力を続けられる粘り強さも必要です。
また、深夜にまで作業が及ぶこともある職業なので、体力も必要になります。そして、ゲームが好きであること、遊び心を持っていることも大切な適性のひとつと言えます。

必要な資格・試験情報

ゲームプログラマーになるための必須資格は特にありません。しかし、プログラマーとしての能力を測定する検定試験があり、取得すれば就職に有利に働くこともあります。またプログラミングコードは全て英語のため、プログラミング関連の英語資料を理解出来るだけの英語力が求められます。

ゲームプログラマーを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
ネットAOエントリー
オープンキャンパス
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
企業プロジェクト
WEB出願
Close