仕事図鑑

ゲーム・IT ゲームプログラマー キャラクターに様々な動きをつけ、面白さを表現していく

OPEN CAMPUS

ゲームプログラマー

ゲーム制作に興味がある方におすすめ!Visual Studioを使って実際にゲームを制作してみよう!
ゲーム業界の仕事や就職など進路相談会も開催中!

ゲームプログラマーとは

プログラミングによってキャラクターの動きを実現させる

ゲームプランナーが作成した仕様書や設計書に沿って、キャラクターの動きや効果音、ゲームシステムの構築など、ゲームのシーンが意図した通りに動くようにC++やC言語などの開発言語を用いて、ゲームのプログラミングを行うのがゲームプログラマーです。ゲームを完成させるためには、様々なゲームクリエーターがチームとなって動きます。その中でもゲームプログラマーは、ゲームを動作させるというゲーム構築の基盤となる重要な役割を担っています。ゲームプログラマーがいて、初めて企画や構想が商品として形になり、自分が手掛けたゲームが多くのゲームユーザーに支持されることで大きな喜びややりがいを感じられる仕事です。より経験や実績を積みゲーム制作全体を仕切る、ゲームディレクターゲームプロデューサーへのキャリアアップも可能です。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームの企画をカタチにする仕事

ゲームの企画内容によっては実現が難しいものもあるので、ゲームプログラマーにとって企画とのすり合わせも大切な仕事です。ゲームプログラマーはプログラミングの観点からゲーム企画に参加し、意見を発し、企画を実現する上で欠かせない役割を担っています。また、ゲームプログラマーは複雑なゲームであってもユーザーにストレスを感じさせない快適な操作性や容量オーバー、バグといった様々な要素を考え、品質の高いゲームを作り上げていく力が要求されます。プログラミングだけでなく、ゲーム開発において企画開始から完成するまで立ち会えるゲームプログラマーの仕事を紹介していきます。

企画ミーティングへの参加

ゲームの企画段階からゲームプログラマーもミーティングに参加します。ゲーム開発メンバーから無理な要求があった場合に「できない」と判断することも重要です。しかしその中で、「代替案」を提示してメンバーからの要求を可能な限り実現していく力がゲームプログラマーには求められます。

仕様の決定・確認

ゲームの企画が決まったらプログラミングをする前に仕様を決めます。
・ハード動作環境(ゲーム機・スマホ・PC)
・ハード動作推奨環境(ストレージ容量・メモリ容量)
・ソフト動作環境(OS・ゲームエンジン)
・ゲームの仕様(操作方法・メニュー画面の機能など)

プログラミング

ゲームの種類はオンラインゲームからソーシャルゲーム、コンシューマーゲーム、スマホゲームなど多種多様です。それぞれのゲームで開発言語が異なるため、幅広い言語を知っておくことでゲームプログラマーとして活躍の幅を広げることに繋がります。

デバッグ

不具合やバグがないかのテストプレイを行います。動作や操作が仕様通り動くかどうかをテストし、修正と改善を繰り返しながら、ゲームの完成度を上げていきます。不具合やバグを洗い出す工程はデバッガーというテストチームが行うケースもあります。

ゲームプログラマーになるには

Game_programmer_pic

ゲームプログラマーへの道のり

ゲームプログラマーになるには、ゲーム開発に不可欠なプログラミング言語や技術、コンピューター全般の基礎知識は必要です。まずはゲーム系専門学校などでプログラミングの専門知識や即戦力になれる技術を習得してゲームメーカーやゲーム制作会社への就職を目指すのが近道といえます。そこでゲームプログラマーとしてさまざまな種類のゲーム開発を重ね、経験を積み、仕事の幅を広げていきます。即戦力を求められる業界ですので実力がつけば、憧れの大手ゲームメーカーでのゲーム開発も夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

幅広い専門知識

プログラミングができるだけでなく、ゲームを動作させるゲーム機の仕組みと、その開発環境であるハード・ソフトに精通していることが重要です。また、指示されたとおりに作るだけでなく、それぞれのゲーム性を理解して、操作性や動きを考えられるセンスも必要です。

3Dゲーム開発で必要なスキル

3Dゲームの開発を手掛けたいと考えている方は、方向と距離を持つ値である「ベクトル」・「内積および外積」・「物理学における力学」の知識を習得しておくと新機能の実装や自分が作りたいゲームを実現しやすくなります。

コミュニケーション能力

ゲームプログラマーは、一人で黙々とプログラムを組む仕事だと思われがちですが、ゲームプランナーやデバッガーなど多くの制作スタッフと意思疎通を図りながら仕事を進めていきます。そのため、コミュニケーション力や協調性は欠かせません。

忍耐力

プログラムを組むだけでなく、バグを見つける作業や修正、不具合の調整など何ヵ月もかけてテストを行うこともあります。一つのことに根気強く取り組める姿勢と忍耐力も求められます。

必要な資格・試験情報

ゲームプログラマーになるための必須資格は特にありませんが、プログラマーとしての能力を測定する検定試験があり、取得すれば就職に有利に働くこともあります。技術は日々進化し、プログラミング言語もバージョンアップなど移り変わりが早いため、プロとして現場に出てからも、常に知識や技術を学び、自分を磨く努力、向上心が大切です。プログラミングの知識や技術だけでなく、機械の構造やOSの動作など、ハードウェア・ソフトウェアに関する幅広い知識も必要です。またプログラミングコードは全て英語のため、プログラミング関連の英語資料を理解出来るだけの英語力があれば武器になるでしょう。

OCAでゲームプログラマーを目指そう

OCAではゲームCGワールドの「スーパーゲームクリエーター専攻」と「ゲームプログラマー専攻」でゲームプログラムを学ぶことが可能です。カリキュラムには業界のプロから学べる業界特別ゼミや、在学中からプロと同じ仕事に挑戦できる企業プロジェクトなど実践授業が多くあります。また、オリジナルゲームをチームで制作し、東京ゲームショウにも出展しています。多くの企業の方に作品を見て頂くことで着実にレベルアップでき、卒業後も即戦力の人材を目指すことが可能です。

OCA卒業生が活躍している就職先

ゲーム・CG業界

株式会社ラクジン
株式会社カプコン
プラチナゲームズ株式会社
株式会社イチカラム
株式会社インティ・クリエイツ
株式会社バイキング
グランディング株式会社
Happy Elements株式会社
株式会社デジプラネット
株式会社レベルファイブ
株式会社Cygames
株式会社ゲームフリーク
株式会社ジーアングル
株式会社ビー・トライブ
株式会社gumi West
株式会社サファリゲームズ
株式会社シシンウィザード
株式会社デジタルハーツ
social sharing株式会社
株式会社アクセスゲームズ
株式会社Aiming

※他多数(敬称略・順不同)

OPEN CAMPUS

ゲームプログラマー

ゲーム制作に興味がある方におすすめ!Visual Studioを使って実際にゲームを制作してみよう!
ゲーム業界の仕事や就職など進路相談会も開催中!

ゲームプログラマーに興味のある方におすすめの専攻

スーパーゲームクリエイター専攻
ゲームCG分野

スーパーゲームクリエイター専攻

プログラミング・企画などゲーム制作の中枢を4年間で学び、ゲームクリエイターのスペシャリストを目指します。

スーパーゲームクリエイター専攻へ
ゲームプログラマー専攻
ゲームCG分野

ゲームプログラマー専攻

プログラミング言語の勉強と同時に、プログラマーとして実践的なマインドスキルを身につける!

ゲームプログラマー専攻へ

AOエントリー

今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 仕事図鑑 / ゲームプログラマー
CLOSE