仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事 ネットワークエンジニア 安全で快適なネットワーク環境を提供するエンジニア

OPEN CAMPUS

ホワイトハッカー

成長市場であるAI分野や、ハッカーから国や企業を守るホワイトハッカーなど、
IT業界での就職を希望されている方に向けて、業界説明やお仕事体験を行なっています。

ネットワークエンジニアとは

情報社会を支える重要な役割

通信メディアの発達により、あらゆるシーンでネットワークシステムが活用されるようになりました。
ネットワークエンジニアとはネットワークを設計、構築し、さらに運用、監視までを行い、ネットワーク環境を整える技術者を指します。オフィスなど複数のコンピュータをルータなどの通信機器に接続し、ストレスなくデータの送受信を行えるネットワークシステムを作ることが主な仕事です。障害が発生し、社内のネットワーク通信が止まってしまうと大きな損失も与えかねない責任のある仕事です。IT化が進んだ現代においてネットワークエンジニアは欠かせない存在であり、情報社会を支える上で重要な役割を果たしています。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークの安全性と安定性を守る

私たちは日々、当たり前のように自身のパソコンからデータを送受信していますが、その快適な通信環境を構築し、守っているのがネットワークエンジニアの仕事です。ネットワークエンジニアはクライアントのニーズにあわせて最適なシステムを設計・構築・運用・管理までその全てを担ってます。ネットワークを快適に活用するために必要なそれぞれの工程におけるネットワークエンジニアの役割を紹介します。

設計

クライアントの問題点や各種OSやセキュリティ、各種サーバなどの要望を洗い出し、それらを解決するためのネットワークシステムの全体の構想を考え、設計書を作成していきます。そのため、ネットワークだけではなくサーバやセキュリティなどの幅広いインフラ知識が必要となります。

構築

作成されたネットワーク設計に基づいて機器を選定し、配置、機器同士をケーブルで接続するなど、ネットワークの構築を行います。機器を配置後は、ランプ状態の確認や、通信の正常性、トラブルが発生した際の通信の切り替わりなどネットワークが設計通りの動きをするか回線テストを行います。

運用

PCの増減に合わせてネットワーク構成を変更したり、機器のアップデート、ユーザーのアカウント管理など、稼働しているサーバやシステム、ネットワークの安全性と安定性を守り、稼働を止めることなく効率的なシステム運用を続けられるようメンテナンスを行います。

保守・監視

監視ツールを用いてネットワークシステムにエラーが生じていないかをチェックします。稼働中のネットワークに何かしらの問題が発生した場合、その原因を突き止め速やかに復旧作業を行います。

ネットワークエンジニアになるには

n_engineer_sub

ネットワークエンジニアへの道のり

ネットワークエンジニアになるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、ネットワークを構築するためのIPアドレスやサーバ、ルータといった通信ネットワークに関する知識やPCなどのハードウェア、ネットセキュリティに関する幅広い知識が必要となります。まずはIT系・情報系の専門学校や大学でネットワーク構築技術、サーバ管理知識を身につけた上で、通信企業やIT関連企業などに就職するのが近道といえます。またネットワークエンジニアとして、不正アクセスや情報漏えい対策に関わることで、その分野を極めるセキュリティエンジニアへの転身やクラウド化が急速に進む現代において、クラウドに精通したクラウドエンジニアへの道も目指せます。

求められる知識・資質を磨く

冷静な判断力

万が一、重大な障害が発生してしまった場合、一刻も早い復旧が求められます。障害発生時の原因究明や回復作業など適切な対応をとれる冷静な判断力が求められます。

コミュニケーション能力

クライアントの問題点や要望などを引き出し、最適なネットワーク環境を提案する上でコミュニケーション能力は欠かせません。

体力と精神力

トラブル発生時には激務となることが多く、体力勝負の仕事と言われています。また緊急の事態に備え、24時間365日体制で対応にあたる必要があり、深夜勤務や休日出勤などハードな任務でも耐えられる強い精神力も必要です。

必要な資格・試験情報

ネットワークエンジニアになるための必須資格はありませんが、取得することでネットワークエンジニアとして一定レベルを示すことができます。ネットワークを構築するためには、ルーターやサーバ、回線、パソコンなどハードウェアに関する知識のほか、ファイアウォールやDNS、プロトコルなど通信ネットワークに関する知識も必要となります。また、近年は情報セキュリティに対する意識が高まり、個人情報の漏えいやネットワークへの不正アクセス対策も重要視されています。急速に変化するネットワーク業界の中で最新技術の情報を常に収集し、自発的に理解を深めていこうとする姿勢が大切です。特にクラウド化が急速に進む現代において、ネットワークエンジニアの立ち位置も変化しています。ネットワークエンジニアの経験を活かしながらクラウドにも精通したエンジニアの需要が今後一層高まると予想されています。

ネットワークエンジニアに興味のある方におすすめの専攻

ホワイトハッカー専攻 ホワイトハッカーコース
ITテクノロジー分野

ホワイトハッカー専攻
ホワイトハッカーコース

急増するサイバー犯罪から情報データを守るセキュリティエンジニア!プログラミングやITリテラシー、法令・コンプライアンスを学び、個人情報や機密データを守ります!

ホワイトハッカーコース
ホワイトハッカー専攻 デジタルフォレンジックコース
ITテクノロジー分野

ホワイトハッカー専攻
デジタルフォレンジックコース

サイバー探偵・デジタル鑑識のスペシャリストを目指す。

デジタルフォレンジックコースへ

AOエントリー

今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 仕事図鑑 / ネットワークエンジニア
CLOSE