仕事図鑑

ゲーム・ITの仕事マークアップエンジニア

HTML/CSSを駆使して見やすく使いやすいサイトへと創り上げる

マークアップエンジニアとは

デザインや言葉を見える形へと実現させるエンジニア

マークアップエンジニアとは、デザイナーが作成したデザインを、ウェブサイトとしてインターネット上で閲覧できるようにHTML(HyperText Markup Language)やCSS、Javascriptなどを使ってソースコードに変換するエンジニアを指します。ただテキストをHTML化するのではなく、ユーザー視点で使いやすさにも配慮したサイトであることが求められます。マークアップエンジニアはWebデザイナーの意図を汲み取った上で、読みやすい文章構造やレイアウト・装飾を適切に構造化していく重要な役割を担っています。企業によってはコーダー、フロントエンドエンジニアも含めてマークアップエンジニアと呼ばれたり、兼任しているケースもあります。

マークアップエンジニアの仕事内容

Webページの裏側を創る重要な役割

文書構造(テキスト)や視覚表現(装飾)などの情報を、コンピューターが正しく認識できるように、HTMLやCSSといったマークアップ言語で表します。元となる文章の中にマークアップ言語の構文を書き入れて、「タイトル」「小見出し」などの文章構造やレイアウト、装飾などを「タグ」を使い、指定していくのがマークアップエンジニアの主な仕事です。マークアップエンジニアが携わる仕事の領域を紹介します。

コーディング
Webデザイナーの仕様書に基づき、HTMLやCSSを用いて内容をWebサイトで閲覧できるようマークアップしたり、JavaScriptで動きを付けていきます。本文の内容だけでなく見出しやリンクなどがユーザーにとって見やすく目的を実現できる構造にしていくことが大切です。
バグの修正
正確にコーディングをしたつもりでも、ブラウザのバグが発生することは少なくありません。そのため、バグにおける対処法や修正方法を知っておく必要があります。
CMSテンプレート設計・構築
CMS(コンテンツ管理システム)のテンプレートのカスタマイズや開発を行います。より簡単に更新できるCMSの更新性を高めることが大切です。
SEOスキル
検索エンジンにとって理解しやすいソースコードで内部SEO対策を意識した構築が求められます。

マークアップエンジニアになるには

mark_up_e_sub

マークアップエンジニアへの道のり

マークアップエンジニアになるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、Webサイトを構築する上で、HTML、CSS、JavaScript、デザイン理論の基礎知識が欠かせません。IT・デザイン系専門学校などでサイト構築に必要な言語や専門知識を学び、Web制作会社やIT企業への就職を目指すのが近道といえます。マークアップエンジニアとして経験を積みながら、デザインやUIを考えるフロントエンド側のスキルを磨き、Webデザイナーへ転身したり、PHPやサーバーなどバックエンド側の技術を極め、プログラマーへ転身したりと幅広くキャリアアップを目指せます。

求められる知識・資質を磨く

ユーザビリティスキル
デザイナーの仕様書通りにコーディングするだけではなく、ユーザービリティの高い構造を意識しながらSEO対策なども含めて最適なコーディングが求められます。
コミュニケーション能力
WebデザイナーやWebディレクターとの意思疎通や意向を正確にサイトに反映させるためのコミュニケーション能力や理解力が求められます。
正確さ
Webデザイナーの意図を汲み取りながら、様々な視点を加味し正しくコードに置き換えていく正確さが求められます。

必要な資格・試験情報

マークアップエンジニアになるための必須資格は特にありませんが、マークアップエンジニアとしてスキルを測る試験があり、取得すれば就職に有利に働くこともあります。またWebマーケティングの知識を備えておくことで、ユーザーにとって最適なサイトを考える上でとても役に立ちます。急速に変化していく業界の中でよりユーザビリティの高いWebサイト構築のための探究心や向上心を持ち、最新技術について情報集収をしながら、変化に対応できるスキルを磨き続けることが大切です。

マークアップエンジニアを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close