仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事 ドローンエンジニア

ドローンエンジニアとは

ドローンという先端技術で新たな価値を作り出す

最先端技術であるドローンを活用するドローンエンジニアは、社会に新たな価値を届けて生活を豊かにする仕事です。テレビ番組や映画、プロモーションビデオなどで使用される空撮から橋や工場、擁壁などの点検・測量、物流や農薬散布、災害救助、セキュリティなど、ドローンは幅広い分野での活躍が期待されています。ドローンは誕生したばかりの技術なので、今後も様々な角度から新しいサービス開発につながっていくことが予測されますが、同時にまだまだ未成熟な分野のため、多くの課題に向き合わなければならないでしょう。その分チャレンジしがいのある分野であるとも言え、次世代を創り上げる面白さややりがいは何物にも代えがたいはずです。

ドローンエンジニアの仕事内容

専門知識を活かしてハードウェアとソフトウェアを開発する

ドローンは家電量販店でも購入できるようになりましたが、これらは主に趣味の領域で楽しむ民生用ドローンであり、産業用ドローンとは大きく異なります。産業用ドローンは、用途に合わせて機能を付け加えるカスタム開発が中心です。重たい荷物の輸送や高精密カメラの搭載などニーズに合わせてドローンをカスタマイズすることがドローンエンジニアの仕事です。また、ドローンは機体部分の「ハードウェア」と制御プログラムの「ソフトウェア」の2つに分けられます。ドローンエンジニアには、企画から実装、検証までドローン開発全般に携わるため、広い視野を持って開発に臨むことが求められます。

企画

ドローンの機体や搭載プログラムのコンセプトや機能を企画します。社内の開発会議やクライアントの要望、社会的ニーズの高まりなどを元に、どのような機能を搭載したドローンを開発すべきか方向性を決定します。

検証

ドローンの機体やプログラムが完成した後は、検証を行います。想定通りに飛行させることができるか、プログラムが想定通りの動作ができるかなどを検証し、データを収集します。課題があれば改善を重ね、さらなる高みを目指します。正解がない中での仕事になりますが、世の中をより便利にしたいという志を持ち取り組むことが大切です。

実装

企画が決定した後は詳細な仕様を検討し、実装に進みます。課題や困難に突き当たることもありますが、一つひとつ解決していくことでドローンを完成させていきます。実装では世界的なトレンドや最新技術も導入しながら、ユーザーにとって使いやすい機体の開発を目指します。

ドローンエンジニアになるには

ドローンエンジニアへの道のり

ドローンエンジニアになるための必須資格はありません。しかし、ソフトウェア開発ではC言語やC++、Pythonなどのプログラミング言語を駆使することになります。そのため、情報系の専門学校や大学に進学するとよいでしょう。また、ハードウェア開発では航空工学や材料力学、電子工学をはじめとする専門知識が求められるため、理工学系の専門学校や大学で知識を学ぶことをおすすめします。その後、ドローン開発を行う企業に就職し、ドローンエンジニアとしてのキャリアを歩み始めることとなります。

求められる知識・資質を磨く

発想力

ドローンエンジニアは柔軟な発想力を持ち、新たな事例を生み出す気概で開発に臨む必要があります。現在は空撮や点検・測量、農業などの分野での需要が高いドローンですが、これら以外の業界でもドローンを活用できるチャンスはあります。日頃から柔軟な発想と視点で新たなドローンの使い道を考えてみましょう。

技術力

ドローン開発ではハードウェア、ソフトウェアともに高い技術力が求められます。最先端の技術やプログラミング言語を使用するケースも多く、新しい技術を積極的に吸収する姿勢が重要になります。

忍耐力

ドローン開発は未開拓の分野なので、開発においては様々な課題に直面することになります。どのような困難に突き当たっても諦めず、より良いドローンを作り上げるための忍耐力が求められます。

必要な資格・試験情報

ドローンエンジニアになるために必要な資格はありませんが、無人航空従事者やJUIDAが提供する「操縦技能証明書」や「安全運航管理者証明書」などを取得すると、ドローン操縦やドローンの仕組みに対する知識を有していることの証明となります。ドローンエンジニアが必ずしもドローンの操縦に長けている必要はないですが、仕組みを深く理解することで開発に活かすことができるでしょう。また、ドローンは空撮や点検、測量、農業、物流など様々な業界で活用される技術なので、これらの業界に対する知見も有していることをおすすめします。ドローン開発に必要な技術に関する情報はもちろんのこと、ドローンが活用されている業界に関するニュースや情報にもアンテナをはってチェックするようにしましょう。ドローンは日本が抱える社会的課題を解決へと導いてくれるビジネスとして各分野からの期待も大きく、今後ますますドローンエンジニアの需要も伸びていくと予測されています。
ドローンをどのように活用すれば人々の生活や仕事がより便利で豊かになるか、柔軟な発想と観察眼を鍛え、新しいサービスを生みだせるドローンエンジニアを目指しましょう。

ドローンに興味のある方におすすめの専攻

ITスタートアップ専攻
情報IT分野

ITスタートアップ専攻

ITを活用した新しい価値を創造するビジネスモデルが日々生まれるいま、あなたの発想力とITスキルを活かして、「新しい価値」「新しいビジネス」を創り出す起業家になろう。

ITスタートアップ専攻へ
ネット動画クリエーター専攻
CG・映像分野

ネット動画クリエーター専攻

最先端の動画・映像制作の技術を幅広く習得し、 インタラクティブなコミュニケーションスキルを身につける。

ネット動画クリエーター専攻へ
TOP / 仕事図鑑 / ドローンエンジニア
CLOSE