仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事 気象データアナリスト

気象データアナリストとは

気象データを駆使してビジネスチャンスを拡大する仕事

気象データアナリストとは、気象データとビジネスデータを分析することで、企業の課題を解決したり新たなビジネスを創出したりする仕事です。飲食店や小売店、イベントなど、雨によって客足が遠のいてしまうビジネスはたくさんあります。また、物流やエネルギー、農業、ヘルスケアなどの事業も、気象の影響を受けやすい業界と言えます。気象データアナリストはこれらの業界と気象の関係を分析し、ビジネスチャンスを捉えて売上向上やコスト、ロスの削減を目指します。気象データアナリストは、産業界のデジタルトランスフォーメーションが進む中で、ビジネスの6割以上に影響を与えるとされる気象データの活用に着目されるようになって生まれた職業です。最先端の技術や知識を駆使して気象データを分析し、クライアントの売上拡大やビジネスの効率化に貢献する仕事は、大きな責任感とやりがいを味わえることでしょう。

気象データアナリストの仕事内容

データを元に柔軟な発想で新たなビジネス施策を作り出す

企業の気象災害に対するリスク管理、SDGsなどを背景に、産業界における気象データの活用や期待が高まっています。クライアントのビジネス課題や展望、気象が与える影響を理解し、課題解決のために気象データやビジネスデータを分析し、具体的な施策を提案します。例えば飲食店や小売店の場合、雨が予測されるタイミングで雨の日にお得になるクーポンを配信するというのも手でしょう。また、スマホのGPSで割り出されるユーザーの現在地と、その位置の気象データを組み合わせて、ユーザーにピンポイントなサービスや情報を提供することもできるかもしれません。ゲリラ豪雨や酷暑、暴風雪などの際には、付近の店舗へユーザーを誘導して防災として活用してもらい、ビジネスチャンスにつなげることも可能でしょう。このように、気象データを活用したビジネスの施策は無限の可能性があります。データを駆使しながら柔軟な発想を持って施策を検討し、クライアントのビジネス課題を解決することが大切です。

ヒアリング

クライアントのビジネスの課題や今後の展望、目標についてヒアリングします。その上で、気象データをどのように活用すれば課題を解決できるかプレゼンテーションします。

データ分析

クライアントのビジネスデータや気象データを分析し、最適な施策を検討します。分析内容や提案内容を具体的に資料にまとめ、クライアントに共有します。

施策の実行

施策を実行し、ユーザーの反応を分析します。効果のあった施策は継続的に行い、課題が残る施策は改善したり、新たな施策を提案したり、PDCA(注1)を回しながら、クライアントの課題を解決していきます。
(注1)PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のこと

必要な資格・試験情報

気象データアナリストになるための必須資格はありません。しかし、気象庁が提供する認定制度「気象データアナリスト育成講座」を受講し、認定を受けることで就職に有利に働く可能性があります。気象データアナリストは気象データの知識だけでなく、データ分析に必要な統計学や数学の知識に加えて、気象の影響で変化する消費者心理や行動経済学、統計するデータに関する業界知識やマーケティング手法など、携わる分野に合わせた幅広い知識も必要となるでしょう。

気象データアナリストになるには

気象データアナリストへの道のり

気象データアナリストになるために必須の資格はありませんが、気象データに関する専門知識とデータ分析に関するスキルを身につけなければなりません。そのため、気象データアナリストに必要な知識やスキルを学べる専門学校や大学に進学することをおすすめします。その後は、気象データアナリストを募集するコンサルティング会社やIT企業などに就職し、キャリアを歩み始めるのが一般的です。

求められる知識・資質を磨く

発想力

気象データを活用したビジネスはまだ新しい分野です。そのため過去の事例も少なく、これから新たな実績を生み出していくという気概が求められます。クライアントの課題を気象データで解決するためにはどうすればよいのか、柔軟な発想で検討する力が求められます。

専門知識

気象データの扱い方に関する専門知識が必要不可欠です。気象データは種類が膨大で、予測には誤差があるため確定論的には扱えないなど、一般的なデータ分析とは異なる特徴があります。これらの特徴を理解し、正しくデータを扱うための知識や心構えが大切になります。

粘り強さ

気象データやビジネスデータを分析するには、緻密な計算や考察が必要になります。そのため、粘り強くデータと向き合い、最適な施策を導き出すための根気が求められます。

データアナリストに興味のある方におすすめの専攻

データサイエンティスト専攻
情報IT分野

データサイエンティスト専攻

ビックデータを駆使して経営の中核を担う人材を目指します。

データサイエンティスト専攻へ
TOP / 仕事図鑑 / 気象データアナリスト
CLOSE