仕事図鑑

ゲーム・ITの仕事モーションデザイナー

モーションで迫力ある映像を創り出す

モーションデザイナーとは

動きを表現するデザイナー

CGデザイナーの中でも動きに特化したデザインを担当している人をモーションデザイナーと呼びます。モーションデザイナーはゲームやCGのキャラクターに動きをつけることで感情やキャラクターの性格を表現し、ゲームをより面白いものへと変化させる重要な役割を担ってます。ストーリー展開に合わせて自分が描いた通りの動きやキャラクターの個性を表現できた時にやりがいを感じられる仕事です。ゲームはもちろんのこと、活躍の場はアニメや映画など幅広い分野に広がっています。

モーションデザイナーの仕事内容

キャラクターに動きをつけ命を吹き込む

静止画のCGモデルにアクションや表情の動きを加え、キャラクターに生命を吹き込むことで、ユーザーをゲームの世界へと引き込むことができます。ゲーム中に走ったり、戦ったり、必殺技や決めポーズ、仕草や動きに合わせた髪の流れ、コスチュームの揺れまで、キャラクターの様々な動きをきめ細かくデザインしていきます。迫力ある映像づくりに欠かせないモーションデザイナーの仕事の流れを紹介します。

リギングの作成
キャラクターを滑らかに動かすための仕組みを作る作業を「リギング」と言います。リギングを作成することで、その後のモーション作成がよりクオリティの高いものになります。
モーション(アニメーション)作成
キャラクターの動きで感情表現や性格を表現し、ゲームの世界観を作っていくので、キャラクター設定と動きのギャップが発生しないことが大切です。モーション作成はゲームの楽しさに大きく影響する部分になります。
キャラクターの実装
プログラマーやエフェクトデザイナーと連携し、動きを確認しながらモーションデザインデータをゲームシステムへ組み込みます。

モーションデザイナーになるには

motion_d_sub

モーションデザイナーになるには、ゲーム制作会社や映像制作会社に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、デザイン系専門学校や美術系大学でスキルを身につけた卒業者が多く働いています。
3DCG制作では、Maya3dsMaxSoftimageといったハイエンドクラスのソフトを使用するので、現場で即戦力として活躍するためには、どのソフトでも柔軟に対応できた方が良いでしょう。こういったスキルを磨ける学校を選ぶことも、モーションデザイナーとしてデビューする近道につながります。

求められる知識・資質を磨く

コミュニケーション能力・協調性
CGデザイナーやプログラマーとの連携や関わりが多いポジションになるのでコミュケーション力はもちろんですが、ひとつの作品を創り上げる上で協調性も求められます。
観察力
キャラクターの小さな動きまでもそのゲームの世界観を表す材料となるため、質の高いモーションが求められます。人間の歩き方や動物の動きなど日常の動作を常に観察する力が必要となってきます。
ストーリー展開に合わせた動きをイメージする想像力も求められます。
造形力
自然で表現力豊かなモーションを作成するためには、人体構造・筋肉の動きについての理解が不可欠です。またアクションゲームではアクションをどうカッコよく見せるかを意識したポージングのセンスが求められます。

必要な資格・試験情報

モーションデザイナーになるのに特別な資格は必要ありませんが、CGクリエーターに関連する資格として、CG‐ARTS協会が主催するCGクリエイター検定というものがあります。内容にはCGの基礎や制作も含まれているので、取得することで自分のスキルを図る、かつスキルを証明する手段になり就職に有利に働くこともあります。
クリエイティブな職種ですので、資格がなくともデザインの基礎となるデッサン力、CG制作に不可欠なMayaソフトや3ds Maxなどの基本ツールを最低限使いこなせるスキルが求められます。CG作成のためのソフトやハードも急速に進歩し続けている業界ですので、変化を見落とすことなく様々なものに好奇心をもって、常に新しい技術や情報を取込む積極性も重要です。

モーションデザイナーを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
オープンキャンパス
AO出願受付開始
ネットAOエントリー
AO説明会
今春新設!e-sportsワールド
ホワイトハッカー
資料請求
高速バスサポート
  • 専門学校と大学の違い
    • マンガ・コミイラ
    • e-sprts
    • OCA公式
    Close