仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事YouTuber

注目を集め、世界中に共感を生むクリエーター

YouTuberとは

魅力ある映像で視聴者を感動させるクリエーター

YouTuberとは、独自のアイデアや表現をネット動画という手段で、誰もが手軽に世界中の人々に発信でき、笑いや驚き、感動を与えることのできるクリエーターです。言語が分からなくても観る人の注目を集めることができればシェアされ続け世界中へ拡散されます。そして動画のチャンネル登録者数、再生回数によって広告収入を得ることができます。より沢山の視聴者の人気を得るには「共感を得るネタであるか」「何かに特化した動画であるか」「ジャンルの選定は世の中のニーズに合っているか」「自分にしか表現できないオリジナリティをだせているか」など自身をブランディングして認知度を上げ、キャラクターを確立させることが不可欠です。YouTuberとして知名度が上がれば、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品の紹介動画を制作したり、書籍の出版、講演、テレビ出演など多方面で活躍するチャンスも出てきます。

YouTuberの仕事内容

面白さを追求し人々を夢中にさせるエンターティナー

YouTuberは独自の動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。再生回数を増やすためのアイデアは当然ながら、撮影方法や編集にもこだわり印象に残る動画にしなければなりません。より多くの視聴者に観てもらえるメリハリのある効果的な動画編集テクニックを紹介します。

画質・音量調整
明るさや色合い、反転映像になっていないか、聞き取りやすい音量になっているかなどチェックをし、必要であればこの段階で画質・音量調整を行います。
カット編集
ネットの特性上、あまり複雑で長い動画は再生数を稼げません。不必要なものはそぎ落として、本当に面白い部分だけ動画にして、投稿する必要があります。
テロップ挿入
必要場面に説明や解説をテロップとして表示すれば分かりやすい動画になります。また印象づけたい文字を装飾したり大きくすることで動画に華やかさを出すことができます。
効果音・BGM
動画のシーンに合わせた効果音やBGMを使うことで意図した通りに視聴者へ面白さや感動を伝えやすくなります。※アーティストの楽曲を無断で使用することはできないので著作権フリーの楽曲を選びましょう
チェック
動画が完成したら繰り返し視聴しながら修正箇所を探していきます。テロップの誤字や効果音のタイミングのズレ、場面カットミスなど全体的にチェックします。

YouTuberになるには

net_videos_creators_sub

YouTuberへの道のり

パソコンやカメラを使って動画を撮影し、アップすれば誰でも自称YouTuberになることはできます。しかし仕事として生計を立てていくには、視聴者に支持されるクオリティの高い企画力編集スキル、常に面白いネタを考えられる発想力や想像力など、努力や工夫は欠かせません。独学だけでは厳しい世界ですので最先端の映像演出、撮影、表現方法など動画編集に特化した専門学校や大学で実践的学習を重ねることが近道といえます。フリーランスで活動していくのが一般的ですが、YouTuberをマネジメントする「UUUM株式会社」のような企業に属し、活動するYouTuberも増えています。こういった企業ではYouTuberが作った動画に対して最も収益化できる仕組みを考えたり、作品づくりに集中できる環境やイベント運営など充実したサポートを行っています。

求められる知識・資質を磨く

継続力
視聴者が離れないようクオリティの高い動画をコンスタントにアップし続けることが重要です。
企画力・編集力
見た人が、他の人にシェアして話したくなるような内容や視聴者を飽きさせない魅力的なネタを考えられる企画力、また考えたネタをいかに面白く見せられるかという編集力が求められます。
オリジナリティ
声のトーン、抑揚、話すスピード、言葉の選び方、表情など、細部にまでこだわりながら、オリジナリティを表現していくことが大切です。
トレンド力
膨大な数の動画が毎日更新され、視聴者の興味も次々と移り変わります。マンネリにならないよう常に新しいネタを模索し、アンテナを広げ、流行を見抜く力や面白さを追求し続けることが求められます。
忍耐力
数分の動画でも撮影は撮り直しを含め数時間かかり、編集作業にも丸一日かかってしまうこともあります。このような長時間の作業にも耐えられる忍耐力が必要です。
モラル
誰もが簡単にネット上に動画をアップすることが可能ではありますが、オリジナルである事が鉄則であり、動画の中で使用するBGMや画像など、著作権違反にならないようルールを守りましょう。

必要な資格・試験情報

YouTuberになるための必須資格はありませんが、YouTuberとして生計を立てていくには、常に視聴者を楽しませる創意工夫や研究が欠かせません。人気あるYouTuberの動画は、BGMの入れ方、テロップのタイミングや大きさ、声のトーンなど、視聴者の観やすさを考えながら細かいところにまで気を配っています。頭で描いたアイデアをカタチにできる編集スキルに加え、世の中のトレンドをキャッチしてネタ作りに活かせるセンスを磨き続ける努力も大切です。

YouTuberを目指せる学科・専攻

すべてのWeb・グラフィック・メディアの仕事

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
マンガ専攻
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close