仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事Webライター

クライアントの要望を文章で叶える

Webライターとは

クライアントの想いを発信する

クライアントから依頼を受け、Webサイト上に掲載する記事を書くライターをWebライターといいます。
ニュースやコラム、インタビュー、メールマガジンなどをはじめ、最近では運営者に代わってブログやECサイトの商品説明文を書くケースなど活躍の場は広がっています。記事の更新をこまめに行ったり、良質な記事を掲載することで検索上位に表示されやすくなると言われており、SEO対策としてブログやコラムの執筆がたくさん募集されています。
インターネットやSNSの普及により、Webマーケティングを行う企業が増え、今後ますますWebライターの需要は高まっていくでしょう。自ら手がけた記事が多くの人に読まれ、文章で誰かの心を動かしたり、記事によってクライアントに利益をもたらすことが出来た時に大きなやりがいを感じられる仕事です。

Webライターの仕事内容

SEOを意識した記事で検索上位を狙う

Webライターは企業サイトに掲載するコラム記事やECサイトの商品情報など、幅広い内容のライティングを行います。雑誌や新聞などのメディアと違い、Webライターは「記事をいかに読んでもらうか・見つけてもらうか」といった検索エンジン上位やSNS経由の集客を意識したキーワードライティングが重要になります。
紙媒体のライターとは異なるWebライターの仕事の流れを紹介します。

ヒアリング
クライアントから読者となるターゲットやテーマなど、概要を聞きながら制作する記事の内容を詰めていき、情報収集を行います。どのような記事を書く場合でも事前のリサーチが重要になります。
記事作成
Webは検索によって記事を発見されることでユーザーに読んでもらえます。その為、ターゲットに発見してもらえるようにキーワードを入れ、見出しタグを適切に使うなどWeb特有の文章記載ルールに沿って記事を作成する必要があります。見出しタグで文章を構造化することは読みやすさに繋がるだけでなくSEOにも効果を発揮します。
タイトル・メタディスクリプション最適化
メタディスクリプションとは、検索結果に表示される記事の説明文のことです。検索ユーザーが求めている情報がそのサイトにあるかどうかの判断になるので、より詳しく情報を知りたいと思ってもらえる内容にしなければなりません。
校正・最終チェック
文章の誤字脱字チェックだけでなく、スマホで見た時の改行バランスや重複する言葉がないかなど、無駄を取り除きストレスなく読み進められることが重要になります。またWebユーザーの多くは基本、モバイルでコンテンツを読んでいます。それに対応したWebライティングを心掛ける必要があります。

Webライターになるには

web_writer_sub

Webライターへの道のり

Webライターになるのに特別な試験などありませんが、Webサイトで記事を掲載するにあたって、SEOを意識した文章の構成キーワードの入れ方HTMLタグまで幅広い知識が求められます。まずは専門学校や大学で文章の書き方やWebに投稿する上で必要なコーディングの理解などWebライティングの基礎を身につける必要があります。その上で広告代理店やWebコンテンツ制作会社などへ就職するのが一般的とされています。そこで実績を重ねながら人脈を広げ、フリーのWebライターを目指します。

求められる知識・資質を磨く

情報収集力
莫大な情報の中から正確で質の高い情報を探し出し、収集する能力が必要不可欠です。良質な記事は正確な情報から創り出されます。
モラル
制作するテキストに対し、著作権の侵害にあたらないようにオリジナルのテキストであることが絶対条件です。参考にしたサイトであっても自らの言葉で伝え、他サイトからの文章コピーを行わないモラル・マナーが大切です。
Webライティングスキル
雑誌など紙媒体のライターとは異なり、WebにはWebの書き方があります。「見出しで内容がわかる」「一文を短く読みやすく」「改行・読点のつけ方」「SEOキーワード」などWebの特性を理解した上でライティングする必要があります。意識することで離脱されにくく、検索上位になる可能性が高まります。
コミュニケーション能力
クライアントの意図を正しく汲み取り、要望通りの記事を執筆するためにはコミュニケーション力は欠かせません。対面だけでなく電話やメールなど間接的なやり取りも多くなるのでより丁寧で細やかな対応が求められます。

必要な資格・試験情報

Webライターになるために特別求められる資格はありませんが、ライターに関連する資格として、Webライティング能力検定®など、取得することで自分のスキルを図る、かつスキルを証明する手段になり就職に有利に働くこともあります。また書籍やWeb上の情報を参照した上で執筆を行う場合は、情報が正しいかどうかを見極める判断力や著作権についてもきちんと理解しておくことが大切です。世の中の動きを敏感に感じ取り、ユーザーの役に立つ情報をいち早く発信できるようにアンテナを広げていくことが大切です。

Webライターを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close