仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事グラフィックデザイナー

デザインを用いて情報を発信する

グラフィックデザイナーとは

デザインで伝えたい情報を的確に届けるプロフェッショナル

雑誌の広告やポスター、チラシ、パンフレット、商品パッケージなど、主に印刷物によって画像や文字などを効果的に使用し、メッセージや伝えたい情報をデザインにして表現するのがグラフィックデザイナーです。クライアントの要望や商品コンセプトに応じて商品の魅力をより分かりやすく伝える重要な役割を担っています。グラフィックデザイナーはさまざまな形で社会に貢献することのできる、ビジュアル表現のプロフェッショナルといえます。自分の手がけたデザインが多くの人の目に触れた時、大きな喜びや達成感を感じることでしょう。近年では電子媒体の発達により、ホームページのデザインや電子書籍など、印刷の枠にとらわれない分野での活躍も期待されています。

グラフィックデザイナーの仕事内容

購買意欲をかき立てるデザインを創り出す

電車の中や駅のホーム、新聞や雑誌のページ、店先の陳列の中…。グラフィックデザイナーの手掛ける作品は私たちの生活の中に溢れています。イベントの場合は企画の内容、商品の場合はそのコンセプトについて十分に理解したうえで、商品やサービスの魅力を最大限に伝えるデザインを創り出すのがグラフィックデザイナーの仕事です。クライアントが売り出したいと考えている商品やサービスの売り上げをよりアップさせるためのデザインを考案しなければなりません。クライアントの意図やデザインに求められているものをしっかりと把握し、自身の手掛けたデザインによってヒット商品になったり、企業に利益をもたらすことができた時に、大きなやりがいを感じられる仕事です。
グラフィックデザイナーの仕事の中でも基本的なものを紹介します。

ポスター
屋外・屋内を問わず壁や柱などに貼られる広告・宣伝のための印刷物。配布するためのチラシや、紙に印刷しない看板とは区別します。離れていても目立ち、伝えたい情報が分かりやすいデザインであることが求められます。
雑誌広告
主に企業が商品やサービスの宣伝のために使う広告。雑誌ごとの読者層に合わせた宣伝ができるため、効果も高く掲載費用も高額になるものが多いため、より的確な情報を盛り込んだデザインが求められます。
パッケージ
お菓子やドリンクなど店頭に並ぶ商品パッケージにも、商品の特徴やコンセプトが伝わるデザインが求められます。「パケ買い」という言葉があるように実際の商品よりもパッケージの魅力に魅かれて商品の購入を決めるきっかけになることもあるほどです。
ロゴマーク
企業や学校、スポーツチームのマーク。キャンペーンやイベントに使われるマークなどで、団体の特徴や活動内容を図案化したり、頭文字をモチーフにしたり、柔軟なアイデアをカタチにする力が求められます。

グラフィックデザイナーになるには

graphic_designer_sub

グラフィックデザイナーへの道のり

国家資格など特別な資格がなくても、グラフィックデザイナーとして仕事をすることはできます。しかし、制作にはコンピューターを使うことが多く、制作用アプリケーションソフトの知識や技術が求められます。構図やレイアウト、色彩、フォントなどデザインの基礎知識に加え、Illustrator、Photoshopといったデザインをカタチとして表現する上で必要な制作ソフトの基本スキルはデザイン系専門学校や美術系大学で習得している方が望ましいといえます。その上で広告代理店やデザイン事務所、大手メーカーの広告企画室などで経験やスキルを積んで、クライアントの求めるものを作り続け実力を認められれば、デザイン全体の統轄をするアートディレクターやクリエイティブディレクターへとステップアップも目指せます。さらに力がつくとフリーランスとしての道も開けます。

求められる知識・資質を磨く

コミュニケーション能力
依頼主であるクライアントの意図を汲み取り、プロモーションする商品やサービスの特徴、売りだしたいポイントや要望・意図を理解するコミュニケーション力が重要になります。またディレクターやライターなどチームで連携を取りながら作業を進めるため、スムーズに仕事を行う上で協調性や社交性も重要です。
流行に敏感であること
常に新鮮なインスピレーションを保つためにも、あらゆる方向にアンテナを張り、情報をキャッチし感性を磨き続ける努力が必要です。またグラフィックデザイナーとして時代の流れを把握し、自らリサーチする行動力が大切です。
柔軟な発想力
様々なリクエストに応えなければならない創造力や発想力、またシチュエーションに応じて複数のテイストを表現できる柔軟性も必要です。

必要な資格・試験情報

グラフィックデザイナーになるために特別求められる資格はありませんが、即戦力として働く上で有利になる資格はあります。資格取得を目指すことで、デザインに必要な、全体の構図文字のデザイン配置や配色など、様々な知識が身につくでしょう。 デザインを作る上で、アプリケーションソフトの知識とそれを使いこなす技術はもちろんですが、DTPや色彩検定などデザインを考える上で知識として知っておくと表現の幅が広がります。また資格だけでなく、デザインスキルを伝えるツールである「ポートフォリオ」はとても大切です。特に広告系グラフィックデザイナーを目指す場合は、ポートフォリオそのもののクオリティが選考結果に大きな影響を与えます。 日頃から幅広い分野を意識し、様々なものに触れ、新しいモノへの関心など時代の流れを察知する情報感度を高め、美的センスを磨くことも重要です。

グラフィックデザイナーを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
オープンキャンパス
ネット出願
今春新設!e-sportsワールド
ホワイトハッカー
コミイラ
資料請求
高速バスサポート
  • 専門学校と大学の違い
    • マンガ・コミイラ
    • e-sprts
    • OCA公式
    Close