仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事Webディレクター

リーダーシップを発揮しチームをまとめ上げる

Webディレクターとは

プロジェクトを成功へ導く司令塔

Webサイトを制作する際に、品質管理やスケジュールの管理など、完成に至るまでのすべての工程の指揮をとるのがWebディレクターです。全体の進捗・クオリティ管理をしながら制作チームをバランス良く統括し、サイトを完成へと導きます。制作スタッフへ指示を出すためにはデザイン・プログラミングなどサイト制作において基本的な技術ノウハウを持ち合わせおく必要があります。またWebサイトの制作は、大体いくつか掛け持ちの状態で同時進行する場合が多いため、効率よくプロジェクトを進めれるよう管理しなければなりません。全体をまとめる強いリーダーシップと力量が求められる存在でもありますが、責任も大きい分、自分の考えたサイトが形となり、クライアントの目的を成し遂げた時の達成感は大きく、やりがいのある仕事です。

Webディレクターの仕事内容

チームをまとめクライアントの課題を解決する現場監督

Webディレクターはサイト構築のあらゆる工程に関わり、方向性を決め、プロジェクト全体を動かしていくという極めて重要な役割を担っています。Webデザイナーやプログラマーなどの制作スタッフをまとめ、クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げるため、取材や撮影にも積極的に関わる必要があります。クライアントとの打合せから納品後の運用管理まで多岐にわたるWebディレクターの仕事内容を紹介します。

ドキュメント作成
受注するまでの提案書、企画書の作成や見積書、受注後はサイトマップやヒアリングシート、ワイヤーフレーム、スケジュール進捗管理・タスクシートなどプロジェクトの進行に伴い、各工程でさまざまドキュメント作成が必要になりますが、これらはプロジェクトのクオリティを支える重要な役割になっています。
企画・提案
漠然としているクライアントの要望を分かりやすく具体的な言葉に突き詰め、プロジェクトの方向性ややるべきことを明確にします。その上で、課題を解決するためのコンテンツや効果的な企画など目的に合わせた提案を考えなければなりません。
プロジェクト管理
デザイナーやプログラマーなど制作に関わる担当スタッフを割り当て、必要業務の洗い出し、スケジュールやコスト管理を行いながらプロジェクトを計画通りに進行させることがWebディレクターとして最も重要な業務になります。
取材・撮影・ライティング
クライアントがサイトに求める目的やページに応じて、時には自ら取材や撮影、ライティングまで行うこともあります。撮影をプロカメラマンに依頼する場合も同行し、サイトのイメージや必要な素材を伝え、サイトイメージに相違がないようカメラマンと相談しながら品質管理を行います。
マーケティング・広告
クライアントの課題を解決する上でマーケティングや広告の知識は欠かせません。A/Bテストによる検証、LPO(ランディングページ最適化)、EFO(エントリーフォーム最適化)など、より効果的な目的達成のための改善策を考えることも仕事の一つです。
更新・運用
サイトは作って終わりではなく、サイトの鮮度を保つための情報更新や、目的が達成されているかどうかアクセス解析ツールで効果検証や動向チェックを行い、発見した課題から効果的な運用が行われるよう改善施策の立案や助言など作成後のディレクションも重要な役目です。

Webディレクターになるには

web_Director_sub

Webディレクターへの道のり

Webディレクターになるのに学歴や資格は特に必要ありませんが、クライアントへの最適な提案や制作スタッフへ的確な指示を出す上で、Webサイト構築に必要なHTMLやCSSといった専門知識、SEOや広告などのWebマーケティング知識が必要です。まずは、IT系専門学校や大学で専門知識やプレゼンの仕方といったビジネススキルなどを体系的に学び、Web制作会社やWebマーケティング会社などへの就職を目指します。そこでアシスタントとしてディレクターの仕事を経験しながら制作フローや専門知識を身につけ、プランニングやデザインなどの実務経験を積んだ後、WebディレクターWebプロデューサーとしてステップアップしていくケースが一般的です。経験を積み、クライアントとの信頼を築き、実績を重ねることでフリーランスのWebディレクターを目指すことも可能です。

求められる知識・資質を磨く

リーダーシップ
制作現場全体を把握し、目標を達成するためには周囲を巻き込んで実行できるスキルが求められます。制作スタッフへの的確な指示や判断力、現場を仕切れるリーダーシップが求められます。
マネジメント能力
スケジュールの策定・進捗管理は当然ながら、スタッフの割り当てや作業負荷の分散など限られたコスト・人員・時間というリソースを効率的に管理できるスキルが必要です。工数に対して必要な人材、作業日数の確保など先を見据えた調整・管理能力が求められます。
コミュニケーション能力
Webサイトのクオリティを高めるためには、制作チームとの円滑なコミュニケーションは欠かせません。クライアントと制作スタッフの間に入り、それぞれの意見に耳を傾け、最善の方向にまとめるコミュニケーション能力が求められます。
プレゼンテーション能力
良い企画を立案できても、相手にうまく伝えられなければ意味を成しません。相手を引き込み、メリットを感じさせ、依頼したいと思わせるプレゼンテーション能力が不可欠です。
マーケティング・広告の知識
サイトは、ターゲットとなるユーザーに見てもらってこそ価値があるもの。サイトに人を集めるマーケティングの知識は欠かせません。SEO、リスティング広告、リターゲティング広告、ディスプレイ広告、アドネットワーク、SNSといったWebマーケティングの手法を理解し、状況に応じてクライアントに提案できる運用スキルが不可欠です。

必要な資格・試験情報

Webディレクターになるために特別求められる資格はありませんが、Webサイトの構築から運用まで全ての業務に携わるWebディレクターには幅広い専門知識とスキルが求められます。急速に変化していくインターネットビジネスに対応できるよう常に市場の動向を意識し、最新技術・マーケティング・競合他社について情報集収をしながら、変化に対応できるスキルを磨き続けることが大切です。

Webディレクターを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close