仕事図鑑

ゲーム・ITの仕事ゲームグラフィックデザイナー

デザイナーキャラクター、背景、特殊効果をCGを駆使して創造する

ゲームグラフィックデザイナーとは

ゲームグラフィックデザイナーとは、ゲームの世界観に合わせ、登場するキャラクターを作ることはもちろん、背景、アイテムなど、目に見える全てのグラフィックを手掛けることが仕事です。リアルなグラフィック効果と演出でユーザーをゲームの世界に没頭させます。ゲームグラフィックの作業工程は多く、制作段階で「キャラクターモデラー」「背景モデラー」「モーションデザイナー」「エフェクトデザイナー」とゲームグラフィックデザイナーがそれぞれの得意とするポジションで役割を分業化されているのが一般的です。チームで作ったものをひとつの作品として全体を合わせ、実際に動いているところを見たときに達成感を感じられる仕事です。デザイナーの技術でゲームのクオリティが左右されてしまうほど、どの工程もゲーム制作において欠かせない重要な役割を担っています。自分が手掛けたゲームが世に送り出され、たくさんの人にプレイされる喜びは大きなやりがいになるでしょう。

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容

さまざまなテクニックで臨場感あふれるゲームを創りだす

ゲームグラフィックデザイナーの仕事は、ゲームで使われるグラフィックを作成することです。1本の作品にどれくらいの種類のグラフィックが使われているのか、ゲームグラフィックデザイナーの仕事の基本的なものを中心に紹介していきます。

タイトル画面
ゲーム本編が始まる前のタイトルグラフィックです。ゲームの顔ともいえる重要なグラフィックで、タイトルが画面に映し出されるまでの演出も含めて、プレーする人の印象に強く残る大切な部分になります。
背景
プレー中に映し出される背景全般のグラフィックです。3Dグラフィック(立体的表現)による背景は遠近表現や、オブジェクト(背景のなかにある物体)のできばえで臨場感に大きく差がつきます。
キャラクター
ゲームの中の登場人物です。ゲームのジャンルによっては画面の中でキャラクターがいきいきと動きまわります。2Dグラフィック(平面上の表現)の場合、元になるデザインをディフォルメするセンスが問われます。
モーション
ゲーム中で動きのあるキャラクターなどの“動作”を作るのも、ゲームグラフィックデザイナーの仕事のひとつです。2Dグラフィックの場合、キャラクターをパラパラマンガのように作成して動いているように見せます。
エフェクト
モーション(動作)を表現するのに欠かせないグラフィックです。例えば突風の揺れや爆発の光、キャラクターの吐息などをグラフィックで一瞬表示させることでモーションがよりわかりやすくなり、ゲームの世界観にリアリティを与えることができます。
ムービー
臨場感を盛り上げるムービーシーンもグラフィックとして作成されます。実際の映像をデータとして取り込んで加工したり、3Dグラフィックにモーションを加えて作成します。

ゲームグラフィックデザイナーになるには

Game_graphic_designer_pic

ゲームグラフィックデザイナーへの道のり

国家資格などの特別な資格や検定に合格しなくても、ゲームグラフィックデザイナーとして仕事をすることはできますが、CGに関する専門的な知識やデザインの基礎となるデッサン力が求められるため、デザイン系専門学校などでCGの基礎を身につけておく必要があります。プロの職場で使われるものと同じコンピューターやアプリケーション(制作用のソフト)を扱える学校を選ぶことも、ゲームグラフィックデザイナーとしてデビューする近道につながります。専門学校在学中から最新CGテクニックを学び、たくさんの作品に触れ、ゲーム制作会社への就職を目指します。そこでゲームグラフィックデザイナーとしてゲーム開発や3DCGデザインを手掛け、立体・空間表現の経験を積むことで、ゲームアートディレクターへのキャリアアップも可能です。

求められる知識・資質を磨く

根気と忍耐力
ゲーム制作の作業量は膨大です。その中でもゲームグラフィックデザイナーが手掛ける作業は多く、それらを根気よく続けていく忍耐力が求められます。
コミュニケーション能力
プランナーやシナリオライター、デザイナーやプログラマーといった大勢のスタッフと意見を出し合い、日々修正や調整をするためのコミュケーション力は欠かせません。
3Dテクニック
ゲームは3Dが主流となっていますので、立体を美しく表現するセンスが求められています。また今後は、究極の3DゲームともいえるVR(ヴァーチャルリアリティ)ゲームが盛んになっていきますので、ますます3Dゲームに対応した技術が必要となるでしょう。
柔軟な発想力
仕事を進めるうえで、架空のものをモデリングすることも頻繁にあります。イメージを膨らませ架空のものでも柔軟に表現できる発想力が求められます。

必要な資格・試験情報

ゲームグラフィックデザイナーになるために必要な資格というものはありません。もちろん、より良い作品を生み出すために学習しておきたい検定もあるので、知識や技術を身につけておきましょう。CG作成のためのソフトやハードも急速に進歩し続けている業界ですので、新しい道具や新しい技術を収集するアンテナと、それらを積極的に取り込んで自分の力にかえる学習意欲も重要です。CGだけでなく、幅広く芸術に触れ、感性を磨く努力も必要でしょう。

卒業生が活躍している就職先

ゲーム・CG業界
  • 株式会社ラクジン
  • 株式会社カプコン
  • プラチナゲームズ株式会社
  • 株式会社イチカラム
  • 株式会社インティ・クリエイツ
  • 株式会社バイキング
  • グランディング株式会社
  • Happy Elements株式会社
  • 株式会社デジプラネット
  • 株式会社レベルファイブ
  • 株式会社Cygames
  • 株式会社ゲームフリーク
  • 株式会社ジーアングル
  • 株式会社ビー・トライブ
  • 株式会社gumi West
  • 株式会社サファリゲームズ
  • 株式会社シシンウィザード
  • 株式会社デジタルハーツ
  • social sharing株式会社
  • 株式会社アクセスゲームズ
  • 株式会社Aiming

※他多数(敬称略・順不同)

ゲームグラフィックデザイナーを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close