仕事図鑑

ゲーム・IT クラウドゲームエンジニア

クラウドゲームエンジニアとは

人気急上昇中のクラウドゲームを開発する仕事

クラウドゲームエンジニアとは、クラウドサービスを活用したゲームサービスを開発する仕事です。クラウドゲームはストリーミング方式でプレイできるゲームのことで、据え置き型のゲーム機やゲーム用のパソコンなどを用意せず、一般的なスマホやパソコンなどでもプレイすることが可能です。GoogleのStadiaやSonyのPS Nowなどがクラウドゲームサービスの代表例で、現在プレイヤーが急拡大しているジャンルになります。クラウドゲームエンジニアはクラウドゲームを専門に開発する仕事で、システム構築から保守運営まで幅広く担当します。開発に携わったゲームがリリースされ、多くのファンにプレイしてもらえた瞬間は、大きなやりがいを味わえることでしょう。

クラウドゲームエンジニアの仕事内容

安定稼働するゲーム環境を構築する

クラウドゲームエンジニアの主な仕事は、ゲームを安定的に稼働させて配信するためのネットワーク構築です。イベント開催時など、アクセス数が急増した際にもサーバー落ちや処理落ちせず、安定してプレイできる環境を作り上げます。 クラウドゲームのサービスも増えており、 AR/VRなどの最先端技術を活用した新たな楽しみ方も広がっています。それでは、クラウドゲームエンジニアの代表的な仕事内容を具体的に見ていきましょう。

設計

クラウドゲームのシステム設計を行います。想定アクセス数やゲームの規模感によってネットワークの強度を調整し、アクセス集中時にもサーバー落ちが発生しない環境を設計します。

構築

設計の内容に沿ってシステムを構築します。サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、クラウドエンジニアなどに求められる知識を業務に活かすため、これらの職業に関わる技術も習得しておくとよいでしょう。

保守・運用

クラウドゲームでは、システムが24時間常に安定して動作する必要があります。サービスが正しく機能しているのかをチェックし、万が一の時には迅速に対処する保守・運用の仕事も、クラウドゲームエンジニアの重要な役割の一つです。

クラウドゲームエンジニアになるには

クラウドゲームエンジニアへの道のり

クラウドゲームエンジニアは、職種としては歴史が浅いため、決まった就職ルートがあるわけではありません。基本的には、ゲーム制作会社やクラウド系企業などが募集していることが多いでしょう。ただし、こういった業界や職種は実戦経験を重視する傾向にあるため、事前の知識や技術もないままに就職を目指すのは、少々厳しいとも言えるでしょう。情報系の大学や専門学校でスキルを磨いて就職を目指すか、その他のIT系企業である程度経験を積んだ上で転職するのがおすすめです。プログラミング言語やクラウドサービスやサーバーサイドの知識のようなクラウドエンジニアとしてのスキルを習得しているとクラウドゲームエンジニアへの道に近づくことができるでしょう。

求められる知識・資質を磨く

プログラミングスキル

エンジニアの基本能力と言えるプログラミングスキルは、クラウドゲームエンジニアにも大いに求められる知識・技術です。C、C++などの代表的なプログラミング言語やOpenGL、DirectX、Vulkanといったグラフィック関係のスキルを身に付けるようにしましょう。また、Unrial EngineやUnityなどゲームエンジンの機能についても熟知し、効率よくゲーム開発に活用できるよう理解を深めましょう。

クラウドの知識

クラウドサービスを用いるからこそ、クラウドに関する知識も蓄えておく必要があります。AWS、Azure、GCPといった代表的なクラウドサービスの勉強には注力してください。また最近ではGame Platform for Azureのようなクラウドゲーム向けのサービスも登場しており、こうした最新の知識や技術を身に付けていれば、自身の市場価値を高めることができます。

コミュニケーション力

クラウドゲームエンジニアは、自社内はもちろん、社外の関係者とも密に協力しあいながら仕事を進めていかなければなりません。チームとしてスムーズに動けるよう、高いコミュニケーション力を持っておく必要があります。

必要な資格・試験情報

クラウドゲームエンジニアになるために必須の資格や試験はありません。しかし、専門的な知識やスキルを必要とされる仕事であることは間違いないため、IT関係の資格を所有していれば、就職に有利に働かせることができるはずです。一般的なITスキルをはかるものとして、基本情報技術者試験などがおすすめです。またクラウドに関する知識を示せるAWS認定Microsoft Azure認定資格などがあります。AWSは、導入している企業も多く、認知度も非常に高いクラウドサービスであるため、就職・転職のどちらでも活用できます。その一方で、この業界および仕事は常に新しい技術が生み出されていますから、資格所有で満足することなく、常に最新の知識をインプットしていくようにしましょう。

ゲーム業界に興味のある方におすすめの専攻

スーパーゲームクリエイター専攻
ゲーム制作分野

スーパーゲームクリエイター専攻

プログラミング・企画などゲーム制作の中枢を4年間で学び、ゲームクリエイターのスペシャリストを目指します。

スーパーゲームクリエイター専攻へ
クラウドゲーム専攻
ゲーム制作分野

クラウドゲーム専攻

AWSやMicrosoftなどクラウドとゲーム開発を身につけ、最先端ゲームエンジニアを目指す!

クラウドゲーム専攻へ
ゲームプログラマー専攻
ゲーム制作分野

ゲームプログラマー専攻

プログラミング言語の勉強と同時に、プログラマーとして実践的なマインドスキルを身につける!

ゲームプログラマー専攻へ
TOP / 仕事図鑑 / クラウドゲームエンジニア
CLOSE