仕事図鑑

ゲーム・IT エバンジェリスト

エバンジェリストとは

高度なIT技術を分かりやすく人々に伝える仕事

エバンジェリストとは、高度なIT技術やトレンドを分かりやすくユーザーに伝える専門職のことです。数あるIT製品の中から、どれが自社にとって最適なのかが分からないというクライアントに対し、ヒアリングを重ねて最適な提案を行います。エバンジェリストの語源であるEvangelistは英語で伝道者という意味で、伝道者はキリスト教の教義を分かりやすく民衆に伝えて信者を増やす活動をしていたとされています。語源となった伝道者と同様、エバンジェリストはユーザーにIT技術を伝えるだけでなく、エンジニア向けのセミナーを開催したり新製品のプレゼンテーションを行ったりと、様々な啓もう活動に取り組みます。IT業界の技術や製品は日々進化しているため、そのすべてをキャッチアップできている人は多くありません。忙しい業務の中、知識をアップデートして技術導入のきっかけを与えてくれるエバンジェリストの存在感は今後も増していくでしょう。そして、エバンジェリストが難しいことを分かりやすく伝えることでIT製品の導入が進み売上が上がったり、世の中の業務生産性が向上し人々の生活が豊かになった際には、大きな達成感や喜びが味わえるに違いありません。

エバンジェリストの仕事内容

IT技術に関わる様々な啓もう活動に取り組む

今や経営戦略において、ITの活用は重要な要素となりました。しかしIT業界の進化スピードは著しく速く、新しい技術がどんどん出てきています。そこで、最新のIT技術を正しく伝える人材が必要となります。ただIT分野に長けた人材を採用すればいいというものではなく、ITの専門性と、最新テクノロジーをユーザーに分かりやすく伝えるスキルを持ち合わせている必要があります。
エバンジェリストはIT技術の普及や導入、啓もうに関わる様々な業務に携わります。企業によって求められる仕事内容は異なりますが、基本的には以下の4点が業務内容としてあげられます。

プレゼンテーション

イベントやセミナーにて、自社製品やサービス、最新のIT技術についてのプレゼンテーションを行います。製品や新技術の価値を分かりやすく伝えて、聴衆に理解してもらい、最終的には各企業での導入が進むことを目指します。その他、ビジネス・IT系メディアの取材を受けたり、記事を寄稿したりすることもあります。

プリセールスエンジニア

自社製品の導入企業や導入検討企業に対し、個別にデモンストレーションを展開して価値を最大限に理解してもらうための業務がプリセールスエンジニアです。クライアント企業ごとの課題を受けてオリジナルな提案を行ったり、理解度に合わせて的確な説明を行ったりします。

インナーマーケティング

自社社員に対する啓もう活動がインナーマーケティングです。自社製品やサービスの強みやブランディングの方向性を社員に分かりやすく共有することで、営業やマーケティングの現場で誰もが正しく商品・サービスの魅力を伝えられるよう教育します。また、顧客対応や企業文化など会社としてのブランド価値も啓もうすることで、社員のモチベーションをアップさせます。

事例研究

自社の新製品や新サービス、業界の新技術、競合他社の新商品など、最新の情報を研究して知識をストックします。専門的な内容を分かりやすく解説するためにも、自分自身の理解を深めることが重要になります。

エバンジェリストになるには

エバンジェリストへの道のり

エバンジェリストになるために必須の資格はありませんが、IT業界や技術に関わる幅広い専門知識が求められる仕事です。IT系の専門学校や大学などでIT領域全般について学び、IT企業やIT系コンサル企業に就職し、エバンジェリストを目指すのが近道です。エバンジェリストは入社直後になれるものではなく、一般的にエンジニアやプリセールス、ITコンサルタントといった職種を経験した人がキャリアアップして着任する仕事となります。エバンジェリストとして経験を積んだ後は、最高情報責任者であるCIOなどに昇進して、IT面から経営に携わることも夢ではありません。

求められる知識・資質を磨く

ITスキル

ITトレンドや最新テクノロジーを分かりやすく伝えるためには、IT業界の専門知識をきちんと理解しておかなければなりません。誤った情報を伝えてしまうことのないよう、専門性を極め、IT業界に精通している必要があるでしょう。

プレゼン能力

エバンジェリストの基本業務はプレゼンテーションだと言っても過言ではありません。クライアントや一般消費者、社内メンバーなど様々な人に、専門的なIT領域について分かりやすく説明するためのプレゼン能力が求められます。

経営視点

エバンジェリストは単に自社製品を売り込むだけでなく、企業の課題を解決するためのクリティカルな提案を行わなければなりません。また、エバンジェリストの活動を通して企業のブランドイメージが向上する、という役割も担っています。常に経営視点を持ち、視座の高い仕事に取り組む必要があります。

知的好奇心

エバンジェリストは最先端の情報を常に収集し、理解し続ける必要があります。IT業界に関わらず幅広い領域に対して知的好奇心を持ち、積極的に情報をキャッチアップしましょう。

対話能力

分かりやすく伝えるための言葉選びをはじめ、相手の理解度を図りながら話を進めていく必要があります。対話能力もエバンジェリストには必要不可欠な要素です。

必要な資格・試験情報

エバンジェリストになるために必ず取得しなければならない資格はありません。しかし、「ITストラテジスト」や「プロジェクトマネージャー」、「システムアーキテクト」などの高難易度のIT系資格を取得していれば、高度な専門知識を有していることを証明できるでしょう。勉強してすぐに合格するのは難易度が高い試験ですが、継続的に勉強を続けることで理解を深めていくことをおすすめします。また、IT技術や業界に関する最新ニュースは英語で発信されているケースが多いため、語学力を高めるのもおすすめします。IT領域に関わらず、ビジネスやトレンド、芸術など幅広い分野に興味関心を持ち、知識の幅を広げることがプレゼン能力強化にもつながるはずです。

  • ITストラテジスト:公式サイトはこちら
  • プロジェクトマネージャー:公式サイトはこちら
  • システムアーキテクト:公式サイトはこちら

IT業界に興味のある方におすすめの専攻

ITエンジニア専攻
情報IT分野

ITエンジニア専攻

技術力からプロジェクトマネジメント力までIT全般を学んで、企業から求められるITエンジニアを目指す!

ITエンジニア専攻へ
ITスタートアップ専攻
情報IT分野

ITスタートアップ専攻

ITを活用した新しい価値を創造するビジネスモデルが日々生まれるいま、あなたの発想力とITスキルを活かして、「新しい価値」「新しいビジネス」を創り出す起業家になろう。

ITスタートアップ専攻へ
TOP / 仕事図鑑 / エバンジェリスト
CLOSE