仕事図鑑

ゲーム・IT ゲームプランナー まだない新たなゲームを生み出す仕事

ゲームプランナーとは

ゲームの作品コンセプトやテーマを企画
ゲームの「設計図」をつくるクリエーター

ゲームプランナーとは「売れる」ゲームのコンセプトや企画を考え、開発やデザインに必要な仕様書を作成する人を指します。企業によっては、「ゲームクリエーター」と呼ばれることもあります。ゲームのルールや登場キャラクター、アイテム、画面レイアウトまで、各シーンや構成要素を記載した「仕様書」を作成し、制作チームへ伝えます。デザイナーやプログラマーなど各分野のスペシャリストに、自分の頭の中にあるゲームの世界観やイメージを、分かりやすくアウトプットするための表現力、コミュニケーション力、プレゼン能力が求められます。また人気ゲームを生み出すための豊かな発想力や企画力が求められる仕事です。ゲームプランナーとして制作現場で経験や実績を重ね、ゲームプランナーから制作チームの責任者であるゲームディレクターゲームプロデューサーへのキャリアアップも目指せます。人脈を広げ起業し、フリーランスとしての道を開くことも可能です。

ゲームプランナーの仕事内容

企画だけがゲームプランナーの仕事ではない

ゲームプランナーの仕事はゲームの企画から発売後の運用まで多岐にわたります。企画を考える上でユーザーニーズや市場調査から始まり、制作段階では制作スケジュールの管理や進捗確認などチームをまとめ上げ、発売前には反映チェックを行い、無事にゲームをリリースできた後は効果測定などの運用管理を行います。一言でプランナーと言ってもさまざまな仕事があり、1つのゲームを作るために行われる工程のすべてに携わることとなります。具体的な仕事としては、以下のようなものが挙げられます。

企画立案

どんな新作ゲームを制作するかを決める企画段階では、ゲームディレクターやゲームプロデューサーなどと一緒にユーザーニーズを分析し、方向性を考えます。今どんなゲームが人気なのか、どの年齢層をターゲットにするのかなど、あらゆる視点からアプローチしていき、新作ゲームを企画します。

仕様書作成

ゲームのストーリーや世界観、ゲームシステム、キャラクターやマップの形成など、ゲームを構成するさまざまな細かい要素を詳しく記載し、制作チーム全員にわかりやすく伝えるものです。ゲーム制作において、この仕様書が設計図になるため、非常に重要なプロセスです。

プロジェクト進行

制作時にはゲームデザイナーやゲームプログラマーが仕様書に沿って作業が行われているかを確認し、必要に応じて指示を出したり、ゲームの仕様について質問などがあれば答えたりする必要があります。また、デモが完成したらテストプレイをして改善点などを出し、細かい部分のクオリティを挙げていきます。

改善点の分析・運用

売れ行きやユーザーからの反応を参考に次回作への改善点の分析、リリース後の運用業務を担当することも、ゲームプランナーとして重要な仕事です。市場ニーズを測ったり、不具合を見つけたりと改善点をあげることでさらにブラッシュアップを掛け、ゲームの品質を向上させます。

ゲームプランナーになるには

Game_planner_pic

ゲームプランナーへの道のり

ゲームプランナーを目指す上で必要なスキルとして、企画の立て方やアイデアの出し方、デザイン、プログラミングスキルまで制作全体を把握できる幅広い専門知識と技術が求められます。まずはゲーム系専門学校でゲーム制作全体の流れを総合的に学び、ゲームメーカーやゲーム制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、ゲーム系専門学校の卒業者が多く働いています。技術だけでなく、プランナーに求められるアイデア力・プレゼンテーション力・コミュニケーション力を磨ける学校を選ぶことも、即戦力として求められるゲームプランナーへの近道につながります。

求められる知識・資質を磨く

斬新なストーリー展開を生み出せる企画力と分析力

ゲームプランナーは自分の作りたいゲームを作るのではなく、ユーザーがおもしろいと思うゲームをつくるのが仕事です。そのためには、市場のニーズを分析し、時代の先を読む力が求められます。

コミュニケーション能力

プランナーは、上層部と現場を結ぶ中間管理職的なポジションです。役職や年齢を問わず、たくさんの人と関わるので、コミュニケーション能力は特に重要視されます。

情報伝達力

仕様書作成が特に重要になるため、さまざまなポジションの意図を汲み取り、認識のズレが無いように、的確に指示ができる文章力や情報伝達力が必要です。

トレンド力

流行に敏感であることや変化する市場ニーズを捉えられる洞察力もゲームを企画する上で必要な要素といえます。

必要な資格・試験情報

ゲームプランナーに求められる資格は必須ではありませんが、企画した内容を仕様書にまとめ、情報を伝達するための書類は基本的にPCですべて作成するため、MicrosoftのWordやExcel、PowerPointなどのOffice製品を最低限活用できるPCスキルが必要です。また制作段階でスタッフへ的確な指示を出すために、デザインやプログラミングの基礎知識は不可欠といえます。その他にもゲームプランナーからプロジェクトの責任者であるゲームディレクターやゲームプロデューサーへのキャリアアップを目指すのであれば、IPA(プロジェクトマネージャー試験)などマネジメントスキルの取得はチーム全体を効率よくまとめ上げる上で役に立つでしょう。

ゲームプランナーに興味のある方におすすめの専攻

スーパーゲームクリエイター専攻
ゲームCG分野

スーパーゲームクリエイター専攻

プログラミング・企画などゲーム制作の中枢を4年間で学び、ゲームクリエイターのスペシャリストを目指します。

スーパーゲームクリエイター専攻へ
ゲームプログラマー専攻
ゲームCG分野

ゲームプログラマー専攻

プログラミング言語の勉強と同時に、プログラマーとして実践的なマインドスキルを身につける!

ゲームプログラマー専攻へ

AOエントリー

今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 仕事図鑑 / ゲームプランナー
CLOSE