仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事パッケージデザイナー

パッケージで商品の魅力を瞬時に伝える

パッケージデザイナーとは

購買意欲を刺激させる
“買わせるデザイン”の専門家

パッケージデザイナーはクライアントの要望を受け、商品のコンセプトやターゲットを理解したうえで、消費者が思わず手に取りたくなるような訴求力の高いデザインや形状を考えることが仕事です。多くの人の目に留まり、消費者の購買意欲を刺激させる、デザインを通してマーケットを左右し経済活動に貢献する仕事といえます。良い商品であってもパッケージで売れ行きが左右され、売れ行き次第では、すぐにパッケージデザインを変更することまであります。商品を連想させるキャッチコピーやイラスト、色合い、フォントイメージなどデザインを作るその全てでブランドイメージを作り、広告の役割までも果たしています。

パッケージデザイナーの仕事内容

消費者心理まで考えて
売れるパッケージを創る

食品や化粧品などのたくさんの商品。その内容や特徴、素材や魅力が伝わり 売れるパッケージは、デザインの知識やセンスを磨くだけでは作れません。商品に対する深い理解や知識はもちろん、パッケージの素材に対する知識や印刷の技術・仕上がりを経験から学び、消費者心理や売り場のレイアウト、陳列のテクニックといった広いノウハウも身につけて効果的なパッケージをデザインしなければなりません。手に取りたくなるような仕掛けや創意工夫を重ねながらクライアントの要望に応えていきます。そんな様々な角度から売れるデザインを考えるパッケージデザイナーの仕事の流れを紹介します。

オリエンテーション
メーカーが企画した製品の特徴を、打ち合わせのなかで的確に読み取りカタチにするための構想を練ります。製品の使いかた、誰が使うのか、どこで使われるのかなどを把握し、マーケットの調査・分析・分析結果をもとにしたコンセプトの設定を行います。
デザイン素材の用意
商品の写真を使うか使わないか、どのような写真が効果的か、商品名のタイトルやロゴマーク、メーカー名など、コンセプトに合わせ必要な素材を用意します。また必要に応じて撮影の立ち会いやイラストの発注も行います。
商品に合わせたパッケージ素材を考える
ビニールや紙製のボックス、プラスチック、ブリスターパックなど、商品の重量や大きさに合わせて素材や紙質を考えます。素材で商品価値もイメージされてしまうので、高級腕時計のケースがレザーのボックスであるように商品やターゲットに合わせた素材選び商品を守る保護性も考慮して素材を選びます。
デザイン制作
必ずしもオシャレなデザインが売れるわけではありません。店頭で沢山の競合商品が並ぶ中、消費者は視覚から入る情報で自分に必要な商品を選別しています。パッケージで中身がわかる分かりやすさ、インパクトのあるキャッチコピー、商品を連想させる色、フォント、その全てでそのブランドの世界観を創りだします。
完成したデザインの提案
完成したデザイン案をメーカーの担当者に渡し、関係者にチェックしてもらいます。より良いパッケージデザインのために、商品によっては100種類のデザインパターンを求められることもあります。
修正
検討を重ねてしぼられたデザイン案を修正して、より良いものに仕上げていきます。この段階で社内や部署内、ときには消費者の意見も聞きながら、パッケージの完成を目指します。
商品の販売
決定したデザインで商品が発売されます。発売したあとも今後の新商品やシリーズ開発のために、消費者の意見を集めるなど市場調査を行なったり、店頭に陳列された時の全体イメージや数ある競合商品の隣に並べられても際立っているかなど、売れ行き次第では、すぐにパッケージデザインを変更することもあります。

パッケージデザイナーになるには

Package designer_sub

パッケージデザイナーへの道のり

国家資格など特別な資格がなくても、パッケージデザイナーとして仕事をすることはできます。しかし、制作にはコンピューターを使うことが多く、制作用アプリケーションソフトの知識や技術が求められます。構図やレイアウト、色彩、フォントなどデザインの基礎知識に加え、Illustrator、Photoshopといったデザインをカタチとして表現する上で必要な制作ソフトの基本スキルはデザイン系専門学校や美術系大学で習得している方が望ましいといえます。多くのパッケージデザイナーが、専門学校や美術系大学で必要となる知識や技術を身につけてから、メーカーやデザイン会社へ就職しています。まずはデザイン事務所や企業の広報・商品開発で経験や実績を積んでから独立を目指します。

求められる知識・資質を磨く

コミュニケーション能力
依頼主であるクライアントの意図を汲み取り、商品の担当者から様々な情報とどんなデザインを求めているかを引き出すコミュニケーション力は、良いデザインを提案するために欠かせない能力といえます。
根気強さ
いくつものアイデアを出し、クライアントのOKが出るまで試作を重ね、素材感やフォント、色味、サイズなどの微調整を繰り返しながら細かい作業をこなしていく根気も必要とされます。
柔軟な発想力
様々なリクエストに応えなければならない創造力や発想力、またシチュエーションに応じて複数のテイストを表現できる柔軟性も必要です。

必要な資格・試験情報

パッケージデザイナーになるために特別求められる資格はありませんが、パッケージをデザインするためには、全体の構図、写真や文字のデザイン、配置や配色など、様々な知識が必要とされ、それらをまとめあげるセンスが求められます。 日頃から幅広い分野を意識し、様々なものに触れ、新しいモノへの関心など時代の流れを察知する情報感度を高め、美的センスを磨くことが大切です。 デザイン制作の道具としては、コンピューターやアプリケーションソフトの知識とそれを使いこなす技術はもちろんですが、デザインを考える上で色彩バランスや色の効果など、知識として知っておくと表現の幅が広がります。

パッケージデザイナーを目指せる学科・専攻

すべてのWeb・グラフィック・メディアの仕事

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close