仕事図鑑

Web・グラフィック・メディアの仕事Webデザイナー

目的に合わせて情報をデザインする

Webデザイナーとは

デザイン性と機能性を両立させ効果的にユーザーをサイトへ導く

知りたい情報を知りたい時に…。生活の中に浸透したインターネット社会で機能的で美しいウェブサイトを作るプロフェッショナルがWebデザイナーです。HTMLやCSSという言語を使用して、Webサイトのレイアウトやデザインを行う仕事です。Webデザインの良し悪しによって、ウェブサイトの使いやすさや見た目の美しさ、そしてウェブサイトから得られる成果は大きく変わってしまいます。クライアントである企業や店舗からコンセプト・目的などをヒアリングし、デザイン性・機能性の両面を考慮しながら最適な作品に仕上げなければなりません。Webデザイナーはサイトを通して情報を提供したいクライアントと情報を探しているユーザーを繋げ、ウェブサイトを活用してもらうことで双方にメリットをもたらし社会に貢献しています。

Webデザイナーの仕事内容

目的に沿った機能とデザインでパフォーマンス効果を上げる

ウェブサイトをデザインすることがWebデザイナーの仕事ですが、求められる美しさやかっこよさは、ウェブサイトの種類により様々です。Webデザイナーが手がけるウェブサイトの種類とその特徴を紹介します。

企業サイト
会社案内パンフレットと同じ役割を果たすウェブサイト。掲載された文章だけでなく、デザインからも企業の理念やカラーがきちんと伝わるようにデザインされています。役員や取引先、沿革など定期的に更新される場合はメンテナンスのしやすさも求められます。
キャンペーンサイト
新商品の発売や、イベントの開催に合わせて期間限定で開設されるウェブサイト。Flashムービーなどを使ったにぎやかなデザインになっているものが多く、ユーザーにワクワク感を与え新商品やイベント認知を図ります。
ECサイト
ECサイトに求められるのは「キレイなデザイン」ではなく、「売れるデザイン」です。商品の見つけやすさ、購入のしやすさなど消費者目線の動線を考えた使い勝手が重要視されます。
ランディングページ
ランディングページ(LPサイト)は1ページのサイトで問い合わせ・資料請求・商品やサービスの購入を促すのが目的です。ページのデザインやテキスト、レイアウトはWebサイトとは違い、細かい文章はさけ、画像メインで伝えたい文言を大きく伝えるのが特徴です。分かりやすくインパクトあるデザインでユーザーに大きな印象を与えなくてはいけません。
スマホサイト
スマホの普及に伴い、スマホサイトの役割は大きくなりました。スマホでもストレスを感じさせない「操作のしやすさ」「見やすさ」「洗練されたデザイン」が求められます。
バナー広告
会社のホームページのような大きなページをデザインすること以外にも、バナーと呼ばれる広告をデザインすることもあります。限られたスペースの中で効果的な訴求力が求められます。

Webデザイナーになるには

web_designer‗sub

Webデザイナーへの道のり

Webデザイナーになるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、Webサイトをデザインする上でHTML、CSSを理解していることやPhotoshop、Illustratorといった視覚部分の表現を行うソフトを用途に応じて使いこなせる技術が必要です。専門学校や大学の情報系学部などでWebデザインに必要な基礎やノウハウを学び、Web制作会社に就職するのが一般的とされています。Webデザイナーとして経験や実績を重ね、実力がつけば、デザインを指揮するWebディレクターや全体を統括するWebプロデューサーへと仕事の幅を広げることも可能です。さらに自分だけの強みとなる力をつけるとフリーランスとしての道も開けます。

求められる知識・資質を磨く

コミュニケーション能力
ディレクターやコーダーと共にチームで仕事をすることがほとんどです。仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力は大切な要素です。
根気強さ
画像処理や写真加工、サイズ調整などを繰り返しながら黙々と孤独な作業が続いたり、納期を守るため、時にハードな勤務になることもありますがそれに耐えられる体力・根気強さ・忍耐力も必要です。
表現力
仕事を依頼するクライアントの、「何を」・「誰に」・「どのぐらい」・「どうしたい」を把握し、伝えたい情報をより効果的にユーザーに届ける為の表現力は不可欠です。
積極性・探求心
常に新しい技術が導入され進化を続けるインターネットの世界。新しい技術への興味を常に持ち、率先して学べる姿勢が大切です。

必要な資格・試験情報

Webデザイナーになるために特別求められる資格はありませんが、より良い作品を生み出すために学習しておきたいことや、クライアントから信頼して仕事を任せてもらえるために取得しておきたい資格、合格しておきたい試験があります。近年では、スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、レスポンシブデザインのスキルも重宝されます。アプリケーションや言語が日々バージョンアップしていく領域ですので、常に新しい情報にアップデートしていけるようアンテナを広げ学んでいく姿勢が求められます。

Webデザイナーを目指せる学科・専攻

すべてのWeb・グラフィック・メディアの仕事

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close