用語集

キャッシュメモリ

キャッシュメモリとは、パソコンやスマホに一時的にデータを保存することで、次に同じにページを開いた時に素早く表示させる仕組みのこと。略してキャッシュ。画像が多いウェブページではデータを読み込むまでに時間がかかってしまい、閲覧者にストレスを与えたり離脱させてしまったりということがあるが、これを解消するために、頻繁にアクセスするデータまたはプログラムの一部を高性能な緩衝装置=キャッシュメモリを入れることで、全体の処理速度を向上させ、表示の高速化を図ることができる。キャッシュメモリには、CPUキャッシュ、ディスクキャッシュなどがある。また、保存されたキャッシュは保存容量が決まっていて限界を超えると古いものが削除されていくが、更新したページをすぐに確認したいときにキャッシュのせいで更新ページが確認できない場合は、スーパーリロード(Ctrl+F5キー)をするかキャッシュを削除することで最新ページを読み込むことができる。

  • 将来の道にこの資格が
    必要かわからない…
  • まだ進路も悩んでいる…
業界専門の先生に相談できます!
現場のプロから学び、好きなことを仕事にする専門学校

IT・テクノロジー業界に興味のある方におすすめの専攻

ITスタートアップ専攻
ITテクノロジー分野

ITスタートアップ専攻

ITを活用した新しい価値を創造するビジネスモデルが日々生まれるいま、あなたの発想力とITスキルを活かして、「新しい価値」「新しいビジネス」を創り出す起業家になろう。

ITスタートアップ専攻へ

AOエントリー

2021年6月1日(火)より、AOエントリー受付中!
今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 用語集 / キャッシュメモリ
CLOSE