仕事図鑑

e-sportsの仕事e-sportsイベントスタッフ

e-sportsの大会を成功に導く最強の裏方

イベントスタッフとは

e-sportsの大会を作り上げ選手を輝かせるスペシャリスト

日本での競技人口も増加し盛り上がりをみせるe-sports。その大会の企画・運営をサポートする仕事です。一言でイベントスタッフといってもその役割は様々。大会を盛り上げるためにはゲームを理解し、ゲームのジャンルに合わせた面白さを伝えられる魅力ある演出力が求められます。現地視察、宣伝・PR活動、会場内の設営、音響照明、進行など、大会主催者と打ち合わせを重ねながら目的や主旨に沿って内容や演出を考え、e-sportsの裏方としてシーンを盛り上げます。自分が中心となって手がけたイベントが成功したとき、何事にも代えがたい感動と達成感を感じることができます。

イベントスタッフの仕事内容

顧客の熱狂を生む縁の下の力持ち

華やかなe-sportsの大会でプロ選手を支えるのがイベントスタッフの仕事です。臨場感あふれる対戦を観客に届ける為のカメラモニタスタッフや効果的な音響効果で会場を盛り上げる音響スタッフ、大会の状況を分かりやすく伝える実況・解説者、観客を安全にスムーズに会場へ案内する誘導スタッフなど大会を支えるスタッフは多数に及びます。そんな大会の裏側を支えるスタッフのそれぞれの役割を紹介します。

イベント演出監督
演出監督は、イベントの企画から本番までのスケジュール管理、音響・照明、舞台美術、特殊効果といった各技術スタッフとの打ち合わせを行い、イベントの制作をまとめる仕事です。各仕事の仕事内容も理解していて、技術スタッフの連携がうまく取れるように取りまとめることも重要な仕事と言えるでしょう。イベント演出監督になるには、舞台関連の専攻やカリキュラムがある大学や専門学校で演劇や舞台美術、文学の知識を深め、劇団や劇場、制作会社に就職をします。始めはイベント演出監督助手として、経験を積んでいくか、フリーランスとして仕事を請け負うこともあるようです。
イベントプロデューサー
イベントプロデューサーには、e-sportsイベントを無事に終わらせることだけではなく、いかに多くの人に足を運んでもらえるか、そして来場した大勢の観客に感動してもらえるイベントを作り上げるかも求められます。e-sportsイベントだけでなく、大会や展示会など様々なイベントの制作など、幅広く活躍する人もいます。制作している大会やイベントの時間にあわせて働くため、勤務時間は不規則で残業が深夜にまで及ぶこともありますが、自分が作り出したイベントによって大勢の観客の心を動かし、楽しませることのできる大変やりがいのある仕事です。大会やイベントの開始直前に観客でうめつくされている客席の様子や、自分が考え、作り出したイベントに観客が楽しんでいる風景を見ると、どんな辛い仕事があっても忘れてしまうくらいの幸福感を味わうことができます。
カメラマン・カメラディレクター
ゲーム内カメラマンは一人あたり2台のモニタを使用し、それぞれの役割を分担します。銃撃戦が始まれば、撃っている側と撃たれている側それぞれにカメラを配置し、どちらが映されても良いように準備します。カメラディレクターは、各カメラマンが担当しているシーンをどのように映し出すかを瞬時に判断し、各ゲームカメラマンと意思疎通を図りながら、スイッチャーが実際に映し出す画面を切り替えリアルタイムの対戦を観客に届けます。
音響スタッフ
解説者が使用するマイクの種類や設置場所、音響機材の設営、大会の進行やシーンに沿ったBGMの切替えや音量調整など、音の力で会場内を盛り上げます。
照明スタッフ
大会プロデューサーと打合せをしながら使用する照明機材や照明チェンジのタイミングなどを決め、主役の魅力を最大限に引き出すためのライティングを行います。光や電気に関する知識はもちろんのこと、芸術的センスやデジタルを駆使した映像技術も求められます。
実況・解説者
プレイヤーひとりひとりの画面を見ながら実況と解説を行うことは不可能なため、サブルームで切り替えられた映像を見ながら、視聴者に分かりやすい試合展開を的確にコメントしていきます。各試合のハイライトが上がるまではトークで場をつなぐ“あうんの呼吸”が求められます。
宣伝・PR
ポスターやパンフレットといった広告物の制作指示、宣伝PRの手法など、イベントの成功に欠かせない様々なポイントを決定していきます。またTwitterなどリアルタイムで大会の様子を配信・管理することもe-sportsを盛り上げる上で重要です。
会場装飾・設営スタッフ
ステージやブースへの機材の搬入・搬出など肉体労働のため、ある程度の体力・腕力に自信が必要です。

イベントスタッフになるには

e_sports_staff_sub

イベントスタッフへの道のり

e-sportsイベントスタッフになるのに学歴や資格はとくに必要ありませんが、イベントのどの部分に関わるのかによって必要なスキルは異なります。e-sportsを学べる専門学校でイベント企画や運営に関する知識や技術を習得してe-sportsのイベント企画会社などへの就職を目指すのが近道といえます。会社で実力、人脈、経験などを身に付けたのち、フリーランスのイベントプロデューサー、イベントディレクターとして活躍する人や自分でイベント会社を立ち上げ独立を目指す人もいます。

 

求められる知識・資質を磨く

瞬時に判断できる対応力と判断力
プロ選手が安心して戦うために突然のPCトラブルを迅速に解決する判断力や対応力が求められます。対戦中は選手の後ろに待機し進行を見守ります。
企画力・交渉力
ゲームの特徴を捉え、集客・話題性を狙った企画力や交渉力が求められます。
コミュニケーション能力
多分野のスタッフが一丸となり、連携プレーで大会を成功に導くため多くの話し合いや折衝を繰り返すため、コミュニケーション能力やプレゼン力は不可欠です。

必要な資格・試験情報

イベントスタッフになるための必須資格は特にありませんが、大会を企画するにあたって、e-sportsの基礎知識から音響、照明などイベント運営に必要な専門知識が必要です。さらに、いかに観客の心に響くステージを企画できるかという発想力、この企画にはニーズがあるか、実現性があるか、どう実現したらよいのかなどを考える構想力、クライアントのニーズを正確に読み取るプレゼンスキルも求められます。イベント全体を見渡して行動できる広い視野、そして業界内外の人脈づくりも大切です。

e-sportsイベントスタッフを目指せる学科・専攻

すべてのe-sportsの仕事

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
マンガ専攻
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close