仕事図鑑

e-sportsの仕事プロゲーマー

e-sportsビジネスを盛り上げけん引していく

プロゲーマーとは

新たなスポーツとして地位を築いたe-sports

コンピューターの対戦型ゲーム“e-sports”で戦うプロのゲームプレイヤーのことをプロゲーマーと言います。スポンサー企業がついたプロチームに所属し、大会の賞金などを獲得し、チームに貢献することにより報酬を得ます。
e-sportsは2022年アジア競技大会での正式種目にも採用され、エレクトロニックスポーツ=e-sportsとして、新たな地位が高まりつつあります。
競技人口は世界で1億人以上といわれ、海外では賞金総額10億円を超える大会もあります。プロゲーマーにとってゲームは遊びではなく競技。韓国や中国、欧米などではゲームも一つのスポーツとして認められており、世界的なトッププレイヤーも多く存在します。海外ではチームのグッズ販売やプレイヤーの移籍に対して移籍金が発生するなど非常に本格的にプロとしての運営がなされています。

プロゲーマーの仕事内容

戦略を立て技を磨いて世界の舞台で勝ち続ける

プロゲーマーの主な収入源はゲーム関連企業などのスポンサーから支払われる契約料と、ゲームの大会に出場し、勝ち進むことで獲得する賞金です。海外では億を超える優勝賞金を懸けて、盛大なバトルが繰り広げられています。賞金金額が高いことからプロゲーマーの多くは海外遠征を行っています。ゲーム大会でどれだけ好成績を残せるかによって収入が決まり、大会で上位に何度も入り続ければスポンサーもつきやすくなります。また知名度が上がれば、雑誌や動画、イベント実演、講師などを通して収入を得ることも可能です。さらにプロゲーマーとしての知識を生かして、コーチになったり大会を運営したり、自分のチームを持つことも夢ではありません。

次に対戦ゲームにはどのようなジャンルがあるのかを紹介します。

シューティングゲーム(FPS)
「ファーストパーソン(一人称)・シューティング」の名の通り、一人称視点でキャラクターを操作して敵対プレイヤーを倒していく銃撃戦ゲーム。国内でも「Call of Duty」シリーズなどの有名タイトルが広く知られている。
戦略ゲーム(RTS)
プレーヤー毎に操作を行うターン制操作ではなく、双方がリアルタイムに操作を行い軍勢をコントロールして敵陣営を攻め落とす戦略型ゲームの総称。
マルチオンライン(MOBA)
RTSのサブジャンル。RTSが自身の軍勢全体を操り敵陣に攻め入るのに対し、MOBAはゲーム開始時にプレイヤーが選択したそれぞれ性能の異なるキャラクターのみを操作して、味方プレイヤーと協力して敵陣を攻略する。
対戦格闘ゲーム
日本人プロゲーマーが活躍するジャンルとして最も認知が高いジャンル。ゲーム画面が真横(2次元)に固定され、奥行きへの移動がない2D対戦格闘、3次元空間での戦いを採用している3D対戦格闘の2種に大別される。
スポーツ
スポーツやモータースポーツを題材としたシュミレーションゲームジャンル。コーチや監督となって育成をするゲームもあるが、競技として使用されるのは選手を操作するゲームの場合が多い。状況判断能力対戦相手の研究などが求められる。
オンラインカードゲーム(OCG)
インターネット上でプレイ可能なカードゲーム。24時間対戦相手が見つかるほか、PC演算を使用してより複雑なシステムを作り出すことにより、近年台頭してきたジャンル。日本人が特に強い。

プロゲーマーになるには

Pro_gamer_pic2

プロゲーマーへの道のり

プロゲーマーという職業は完全に実力の世界です。ゲームに強ければ、年齢や経験は全く関係ありません。世界の舞台で活躍できるプロゲーマーを目指すなら、e-sportsを総合的に学び、腕を磨ける環境に身を置く必要があります。様々なゲームの攻略法を体感的に習得できるプロゲーマー育成のための専門学校もあります。
プロチームとして大会に参加し、勝ち進むことでプロゲーマーへの道が開けます。プロチームに入る条件の一例として(LOL)ダイアモンド1以上など一定以上のゲームの腕前があることが前提になっているので実力を磨かないと厳しい世界ではありますが、注目の業界だけに秀でた腕があれば日本のゲーム文化の担い手としてe-sports関連のイベントやメディアなど活躍の場は広がっています。

 

求められる知識・資質を磨く

瞬時に判断できる反射神経
スピードや技術の正確さは当然ですが、技に対する単純な反応だけでなく、早い試合展開にも的確に対応できる能力が求められます。
プレッシャーに耐えられる精神力
高額賞金を狙う緊迫した大会でも実力を発揮できる強い精神力が必要です。
戦略を考えられる力
ゲームの特徴を捉え、戦略を考えられる力や方向性を決める決断力が求められます。
コミュニケーション能力
大会への出場は個人対個人だけでなく、チーム対チームで競うゲームもあります。チーム一丸となり戦略を練り、連携プレーで勝利を勝ち取るためのコミュニケーション能力とチームを作り機能させる為の社交性広く意見を聞く姿勢も必要です。

必要な資格・試験情報

プロゲーマーになるための必須資格は特にありませんが、高額賞金の海外大会への進出などグローバル化してきた昨今、日本人プレイヤーの英語力の重要性は増しています。海外大会での意思疎通や海外企業のスポンサーやファンとの交流など・・・。どれを取っても、日本人が苦手とする「英語」を使わなくてはなりませんのでコミュニケーションが取れるレベルの英語力を身につけておきましょう。
また互いに同じキャラクターを使って闘っても、如実に力の差は出るので、勝ち続けるためには、作戦、決断力、忍耐力、反射神経、操作技術など 日々の鍛練と研究が欠かせません。

プロゲーマーを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close