仕事図鑑

マンガ・小説・デザイン・イラスト・ アニメの仕事作画監督

作画の品質を管理しアニメ作品のクオリティを保つ重要な役割

作画監督とは

アニメ作品のクオリティ向上を図る

アニメーションを制作する際、多くの枚数の原画を必要とします。30分のテレビアニメでも、原画が300枚程、動画が4,000枚程必要だと言われています。そのような莫大な枚数の原画を制作するためには人手がいるため、複数人のアニメーター(原画マン・動画マン)で絵を描き下ろしています。ただ、多くの手が関われば関わるほど、画力の差や描く人のクセなど、個性が出やすく、どうしても絵柄や質にバラツキが出てしまいます。これをそのままアニメにしてしまうと作画に統一感がなくなってしまい作品として成立しません。そこで作画監督が全ての原画のチェックと修正を行い、キャラクターや絵のタッチなど作画を統一させ、作品のクオリティ向上を図ります
キャラクターの表情や体つき、等身のバランスなどタッチの違いをファンは見逃しません。誰もが違和感なく作品を楽しむために作画監督は重要な役割を担っています。

作画監督の仕事内容

アニメーターをまとめる主導者

アニメーターが描き下ろした原画を1枚ずつチェックしながら修正を加え、クオリティの高い作品に仕上げることが作画監督の仕事です。日本のアニメーションが世界で高い評価を得ている背景には作品のクオリティを支えている作画監督の存在があります。アニメ制作に欠かせない作画監督の仕事内容を見ていきましょう。

レイアウトをチェック
原画マンが描いたレイアウトをチェックし、演出担当者の指示を確認しながら、絵柄を統一するための修正を加えていきます。修正は原画の上に別の紙を置き、元の原画を写しながら修正点を描き変えていく手法が一般的です。また全て修正が必要だと判断したレイアウトは作画監督が描き直します。
第二原画をチェック
原画マンが清書した原画を再度確認します。レイアウトの段階で一度修正を行っているのでこの段階では部分修正が多くなります。修正が終わると、その原画は動画マンのところに送られ、動画が作成されることになります。
動画をチェック
動画マンが制作した動画をチェックし、適切な動きであるか、線の途切れや抜けがないかなどを確認します。必要なら描き直しも行います。

作画監督になるには

Animation_director_sub

作画監督への道のり

作画監督になるのに特別な資格はありませんが画力があることが大前提です。また絵が描けるだけでなくCGなどのデジタル技術が発達し、コンピューターを使ってアニメを作成する方法も普及しているのでデジタルツールを使いこなせることも求められます。まずはアニメ系専門学校や美術系の大学でテクニックを体感的に学び技術を身につけることが作画監督への近道になります。アニメーターのリーダー的ポジションである作画監督になるためには、アニメの原画や動画を描く経験を多く積むことが大切です。アニメ制作会社などでアニメーターとして実績を重ね、実力が認められれば作画監督として重要な仕事を任せてもらえるようになります。

求められる知識・資質を磨く

確かなデッサン力
アニメ動画のクオリティは作画監督の力量次第。微妙な表情や動きにキャラクターの個性が出るため、確かなデッサン力と一枚一枚を統一させていく精密さが求められます。
根気と忍耐力
アニメ映画など2時間の長編作品になれば、原画の枚数も当然ながら増え、チェックや修正作業で激務になります。そんな過酷な現場でも耐えられる忍耐力根気強さが必要です。
コミュニケーション能力
チーム制作において多くのアニメーターとコミュニケーションを図りながらチームで連携して作業を進めるためコミュニケーションスキルは必須と言えます。

必要な資格・試験情報

作画監督になるために特別求められる資格はありませんが、根本的なデッサン力表現力を磨くと共に、より良い作品を生み出すために身につけたい技術や知識はあります。
作画技術だけでなく近年多くのアニメ作品で取り入れられている3DCGのグラフィックツールモデリングツールを使いこなす技術スキルがあると有利になります。

作画監督を目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close