仕事図鑑

マンガ・小説・デザイン・イラスト・ アニメの仕事マンガ家

マンガは日本を代表するポップカルチャー

マンガ家とは

日本文化を支える担い手の一人

マンガ家とは、日本を代表するポップカルチャー「マンガ」を描くことを仕事にしている人。大手出版社から発売される週刊マンガ雑誌から、マニアックなジャンルに特化した隔月刊誌、携帯電話やパソコンで読むデジタルマンガ、さらに分かりにくいテーマを説明する解説マンガなど、活躍・表現の幅は現在も広がっています
プロになるには、雑誌の編集部が主催する賞に応募したり原稿を持ち込むのが最も一般的ですが、同人誌活動やWebでの作品発表でスカウトされる場合もあります。人気作になればアニメ化・TVドラマ化・ゲーム化など、その広がりは大きくなります。世界からも注目を浴びている日本のマンガ家は日本文化の担い手と言えます。

マンガ家の仕事内容

キャラクターを創り世界観を築き、物語を生む

絵を描くだけがマンガ家の仕事ではなく、キャラクターを創り、世界観を設計し物語を生み出すのがマンガ家の仕事です。その作業は「プロット」⇒「ネーム」⇒「下描き」⇒「ペン入れ」⇒「仕上げ」という工程で完成に至ります。この作業を進める時に、編集部の担当編集者と打ち合わせを繰り返し行い、作品を描きあげる段階では、アシスタントの協力を得て完成させます。

マンガ制作の工程

プロット
プロットとは「小説・演劇・映画などの筋・構想」という意味ですが、マンガを描く上での「プロットの書き方」は作家それぞれで違います。主に、マンガ家が編集者と打ち合わせをするときに、「こんな話を描こうと思っている」ということを伝えるための覚書程度のものから、箇条書きにまとめたもの、また連載用にキャラクター表などを添付して企画書として作成する場合もあります。
ネーム・絵コンテの作成
ネームは、コマ割りしたページに、登場人物のセリフがフキダシの中に描かれているものです。本来は、フキダシの中のセリフを指して「ネーム」と言っていましたが、今では慣用的にコマ割りしたそのものを指すようになっています。
下描き
ネームの段階で「考える」作業はほとんど終了。ここからは「描きあげる」作業に入ります。下描きの書き込み度合いは、作家によって大きく異なり、まるで完成原稿のように下描きが描かれている人から、ほとんど「アタリ」だけしかない人もいます。
ペン入れ
ここからはマンガ家だけでなく、アシスタントも作業に加わります。多くのマンガ家は「丸ペンやGペン」を使って「製図用黒インク」でペン入れします。ペン入れでは、様々な道具が使われます。基本的には「印刷されたときに読みやすい」ことが条件で、それ以外に禁止事項はありません。筆ペンやマジック、ミリペンなど様々な文房具を使います。
仕上げ
ペン入れの次に仕上げ工程に入ります。アナログが主流なマンガ業界ですが、最近ではデジタル化がどんどん進んでおり、仕上げ作業はすべてコンピュータを使って行うマンガ家が増えています。アナログでの仕上げ作業は、ベタ塗り・トーン処理・ホワイト修正などです。デジタルの場合は、ペン入れの終わった原稿をスキャニングし、コンピュータで(フォトショップや専用ソフトなどを使用)仕上げます。

マンガ家になるには

mangaka_pic

マンガ家への道のり

マンガ家になるのに特別な試験などはありませんが、マンガ専門学校や美術系大学で基礎を学び、一定以上の画力やストーリー構成力などマンガ家としてデビューできる力をつける必要があります。その上でマンガ雑誌が行っている「新人賞」へ応募し「新人賞獲得」からデビューを狙う方法が一般的とされています。中には漫画家のアシスタントとして経験を積みながらデビューを目指す方法や出版社へ作品を投稿したり、持ち込んだりして売り込む方法があります。
早くデビューしたい方は業界と太いパイプを持つ専門学校でデビュー・就職サポートなどの支援制度を受けながらデビューを目指します。

求められる知識・資質を磨く

キャラクターの感情を表現できる画力
絵がただ上手いだけでなく、読者に共感してもらうためにはキャラクターの感情を表現できる画力が必要です。
精神力と継続力
マンガ家にとって締切りは絶対です。締切りに間に合わせるように何時間にもわたって原稿を描き続けることになります。そのような仕事のスタイルを考えると、体力や精神力、作業に没頭できる継続力は必要不可欠と言えます。
ストーリーを生み出す豊かな想像力と発想力
読者が没頭し感情移入ができるようなストーリー展開やキャラクターの感情表現など、マンガが長期に渡って連載されるためには編集者や読者に刺さるストーリー作りが最も大切です。
求められる人物像
アシスタントへの指示や担当編集者との円滑な関係を保つコミュニケーション能力はとても大切です。編集者はマンガ家の作品を客観的に見て、冷静にシナリオ展開などサポートするのが仕事です。時には編集者から鋭い意見もありますが、「より良い作品にするため」とプラスに捉えられるポジティブな思考であることも重要です。また様々な題材をテーマにできるよう普段からアンテナを張り、幅広いジャンルへの探求心も必要です。

必要な資格・試験情報

マンガ家になるために特別求められる資格はありませんが、時代の流れに合わせて独自の技術を構築していく必要があります。塗りやトーン、効果などの仕上げ段階ではデジタルツールの活用が一般化されています。
デジタルツールを使うことで、作業時間が短縮できたり、描き直しの修正が容易になったり、コスト削減に繋がったりとメリットも多いので、デジタルツールを自在に操れる操作テクニックの習得は不可欠です。必要に応じてアナログとデジタルを使い分けられる柔軟性を身につけましょう。

マンガ家を目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close