仕事図鑑

マンガ・小説・デザイン・イラスト・ アニメの仕事イラストレーター

独自の世界観で観る人を魅了する

イラストレーターとは

イラストで情報と魅力を伝える絵のプロフェッショナル

クライアントの要望やテーマに応じて、雑誌・書籍やポスターなど紙媒体への挿し絵やCDジャケットのカバーデザイン、商品パッケージなどを手掛けるのがイラストレーターです。広告やパッケージに描いたイラストを通して商品の情報と魅力をより分かりやすく伝える重要な役割を担っています。
イラストレーターはさまざまな形で社会に貢献することのできる、ビジュアル表現のプロフェッショナルといえます。中には人の目にとまるインパクトのあるイラストや独自の作風を武器にフリーで作品を発表しながらアーティストのように活動するイラストレーターもいますが、多くはクライアントの依頼を受け、デザイナーやプロデューサー、編集者などのクリエーティブな職業の人と共同で、商業的な印刷や映像作品に参加し、作品が世の中に発信されていきます。国家資格や特別な資格を必要としないこと、センスや技術を磨き作品の個性で評価されることも多いため人気の職種となっています。

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの作品は 様々な役割を果たしています

イラストレーターの仕事は、本のカバーやポスター、雑誌の誌面や商品パッケージなど、私たちの生活のなかにあふれています。紙媒体や映像、インターネットなどさまざまな広がりをみせるイラストレーターの仕事のなかでも基本的なものを紹介します。

メインビジュアル(ポスター・パッケージなど)
広告や書籍のカバー、CDのジャケットなどでメインに使用されるイラストによるビジュアル。人気作家が手がけることが多く、その商品・作品をきちんと表現でき、見た人の印象に強く残るような作品が求められます。
挿し絵・カット(雑誌・広告など)
書かれている内容を補足したり、記事の雰囲気をひと目で感じてもらえるように使われるイラスト。たとえば子供が読む本ならかわいらしさや分かりやすさなど、依頼主の求める作品を提供できる柔軟さが問われます。
解説図(雑誌・書籍など)
文章だけでは分かりづらいものを理解しやすくイラストで表現するのもイラストレーターの仕事といえます。医学や建築の本、自動車のパンフレットなど、精密なイラストが求められる仕事では、画力や構成力、そのジャンルに対する知識も求められます。
地図(雑誌・書籍など)
情報誌やお店のホームページなどでは、普通の地図よりも周辺のさまざまな情報を盛り込んだイラストマップが使われることが多く、絵柄や情報の盛り込みかたなど、よりセンスが発揮できる仕事のひとつです。
その他(キャラクター・絵本など)
イラストを描く仕事だけではなく、商品やキャンペーンなどのイメージキャラクターを作成するキャラクターデザイナーや、童話の挿し絵、絵本づくりに参加する絵本作家として活躍することもできます。

イラストレーターになるには

Illustrator_pic

イラストレーターへの道のり

国家資格など特別な資格がなくても、イラストレーターとして仕事をすることはできますが、業界のことを知り、画力・技術を身につけ、センスを磨き、クライアントの意図を理解するコミュニケーション力を養うのは独学では難しいことです。また、作品の制作にコンピューターを使うことが多くなってきているため、コンピューターやアプリケーション(制作用のソフト)の知識も求められます。
専門学校や美術系の大学で必要となる知識や技術を学んでからフリーランスとして仕事を始めたり、デザイン事務所や企業の広報・商品開発で経験を積んでから独立を目指します。特に独学ではどうにもならない仕事でのネットワークづくりを、専門学校や就職先で得られることもあります。

求められる知識・資質を磨く

何でも描けるデッサン力
人物だけでなく、背景やアイテムなど幅広いジャンルを描けると強みになります。
オリジナリティ
選ばれるイラストレーターになるには独自の作風が不可欠です。絵が上手いだけではなく印象に残る自分だけの個性を磨くことも大切です。
柔軟な発想力
様々なリクエストに応えなければならない創造力や発想力、またシチュエーションに応じて複数のタッチを使い分けられる柔軟性も必要です。
求められる人物像
クライアントのニーズを敏感に察知する理解力とコミュニケーション能力、仕事を広げるための行動力、常に仕事にひとりで向き合うため強い精神力や忍耐力も欠かせません。

必要な資格・試験情報

イラストレーターになるために特別求められる資格はありませんが、根本的なデッサン力や技量を向上することが不可欠です。他のデザイン職と同様に、デザイン系の専門学校で具体的なノウハウを吸収し体系立てて学ぶことで可能性が広がります。
デッサンや画像編集ソフトの基本的な使い方など最低限のデザインに関する知識は押さえておく必要があります。特に、様々な業界でメジャーなPhotoshopやIllustratorの使い方は知っておきたいところ。
また雑誌や出版社が主催するイラストのコンテストや、メーカーや自治体がイメージキャラクターの募集をすることも多く、自分に向いたジャンルの募集があれば積極的にチャレンジしておくと、イラストレーターとして活動する際にプラスになります。資格がないとはいえ、イラストレーターに関連した試験や資格はいくつかあるので、スキルアップのために資格を目指すことは無駄にはなりません。

イラストレーターを目指せる学科・専攻

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close