用語集

ラフ

ラフ(rough)とは英語で「おおまか」という意味でデザイン用語として用いられる場合もおおまかなイメージ画像やグラフィックイメージを指す。ラフ案・ラフ画ともいい、広告の企画やサイト案を先方に提出する際、完成イメージを伝えるために手描きスケッチやイメージラフを作成する。ラフの定義は手描きであったり、デジタルでざっくりと作ったものであったり、完成形に近かったり、その時によってさまざまである。元々は紙媒体の業界で使われてきた言葉ではあるが、Web業界でもデザインの初稿段階や方向性を共有するツールとして活用されている。

  • 将来の道にこの資格が
    必要かわからない…
  • まだ進路も悩んでいる…
業界専門の先生に相談できます!
現場のプロから学び、好きなことを仕事にする専門学校

デザイン業界に興味のある方におすすめの専攻

イラスト&グラフィックデザイン専攻
デジタルデザイン分野

イラスト&グラフィックデザイン専攻

ブランドや商品の魅力をデザインを通して伝え、イラストの高い描画力とオリジナリティを育てます。

イラスト&グラフィックデザイン専攻へ

AOエントリー

2021年6月1日(火)より、AOエントリー受付中!
今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 用語集 / ラフ
CLOSE