用語集

パース

英語のPerspectiveの略称。パースとは遠近法のことで遠近感を出すための技法。アニメ制作において、距離や位置によって被写体の形状や大きさに変化をつけ、背景に奥行きや空間を作ったりするのに欠かせない手法である。キャラクターより奥にあるものは小さく見え、手前にあるものは大きく見えると言う奥行きの理論。パースには、一点透視、二点透視、三点透視の三種類あって、パースを意識して描くことで、違和感がなく、臨場感のある自然な絵を描くことができる。パースはアニメーターとして画力を向上させる上で欠かせないスキルのひとつ。背景パースの狂いやクオリティーの低い作画を表す言葉として「作画崩壊」という言葉も生まれている。

  • 将来の道にこの資格が
    必要かわからない…
  • まだ進路も悩んでいる…
業界専門の先生に相談できます!
現場のプロから学び、好きなことを仕事にする専門学校

アニメ業界に興味のある方におすすめの専攻

アニメーション専攻
マンガ・アニメ分野

アニメーション専攻

世界が注目する日本のアニメ業界を目指し、 ハイレベルな画力と最新のアニメーション制作技術を習得。

アニメーション専攻へ

AOエントリー

2021年6月1日(火)より、AOエントリー受付中!
今すぐ応募
AO入学の
特徴
  • AO入学には費用がかかりません
  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ
エントリー
資格
  • 将来の夢や目標を持っている人
  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい
  • 「好きな仕事を仕事にしたい」という熱意を持っている人
【日本人の方】AOエントリーはこちら 【留学生の方】AOエントリーはこちら
TOP / 用語集 / パース
CLOSE