JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
LoL Esports、『シーズン 2023』の予定を紹介する動画が公開!
投稿日 2023年1月10日
thumbnail

 

合同会社ライアットゲームズは、League of Legendsのシーズン2023を1月11日より開幕するにあたり、『シーズン 2023』のLeague of LegendsおよびLoL Esportsの予定を紹介する動画を公開した。

動画内では、LoLのエグゼクティブプロデューサー Riot Brithmoonが登場し、アーリ/オレリオン・ソルのアップデート最新情報や新登場予定のスキンテーマ、ランク戦のアップデート、そして2023年にリリース予定の新チャンピオンについて語っている。

以下、プレスリリースを引用

【シーズン2023開幕!】

今年のランクシーズンが正式に始まりました!新たな目標に向かって、ランク戦に挑みましょう。シーズン2023ミッションを達成することで、以下の報酬を獲得できます。
● ヘクステックチェスト&キーx6
●アイコンx6
○栄華アイコン
○覇道アイコン
○魔道アイコン
○不滅アイコン
○天啓アイコン
○ルーンブック アイコン
●ブルーエッセンスx3000
●チャンピオンのかけらx8
○ヤスオ
○ゼド
○セジュアニ
○パンテオン
○ウーコン
○エイトロックス
○ヨリック
○カタリナ
●シーズン2023開幕アイコン&シーズン2023 アイコン
●マークメーカー ワードスキン

【2023年のチャンピオン】

●アーリのASUがまもなく実施されます!新しくなったベースモデル、スキン、VFX、スプラッシュアート、そして9つの尻尾をお楽しみに。
●2023年も既存チャンピオンの中規模アップデートをいくつか予定しています。核となるゲームプレイをリフレッシュして、現在のゲーム環境に即したチャンピオンを揃えていきます。
●オレリオン・ソルをメインで使用している方に朗報です。「星を創りし者」のスキルセットが、CGUで生まれ変わります。オレリオン・ソルのCGUに関する詳細は、こちらをご覧ください。
●LoLチャンピオン担当チームは、「あらゆる文化、ジェンダー、スキルレベルのプレイヤーに応えた、多様性あふれるチャンピオンプールを各ロールに構築する」という目標を掲げ、それに向かって尽力しています。2023年は、イシュタルの男性エンチャンター「ミリオ」と、ダーキンの女性ミッドレーンアサシン「ナフィリ」が登場します。

【2023年のスキン】

●カリスタ、オレリオン・ソル、アイバーン、クレッドの新スキンが2023年に登場します!
●2023年のスキンテーマとしては、新スキンシリーズ「妖精の国」(仮名)や人気スキンシリーズ「わんにゃん対決」などが予定されています。
●新年最初のイベントでは、月の神々と神話の創生者がリフトに舞い降ります。パッチ13.1および13.2で、以下のスキンがリリースされます。
○月の女帝アッシュ
○月の守護者カ=ジックス
○月の女帝キヤナ
○月の守護者マルファイト
○月の皇帝スレッシュ
○神話創生ガリオ
○神話創生ガレン
○神話創生イレリア(レジェンダリー)
○神話創生シヴィア
○神話創生ザイラ
○プレステージ神話創生シヴィア
○プレステージ磁器リサンドラ

【2023年のランク戦】

今年からランクシーズンが2つのスプリットに分けられます。ランクはスプリット間でリセットされ、成績に応じた褒賞を受け取ることが可能です。この変更は、LoLを現代的にアップデートすると共に、LPやランクの維持に対するストレスを一年の中間地点で解消する試みの一環として行われます。
●ランクリセット
スプリット2開始時に行われるランクリセットは、直前に大幅なゲーム変更が入らず、前スプリットと同等のランクまで到達しやすいことを考えると、1月のリセットほど負担にはならないはずです。また、1月からあまり試合をプレイしていなかった場合、ミッドイヤーリセットの影響は少なくなるようになっています。
●報酬
アイコン、エモート、ランクボーダー、ランクスキンなど、各ランクスプリットで
すべてのランク褒賞を獲得することができます。つまり、今年はスキンをはじめとするランク褒賞を、2種類ずつ獲得できるということです。
また、ランク褒賞スキンを手に入れるために、ゴールドランクまで到達する必要がなくなり、代わりにランク戦を一定数プレイすることで、スキンを獲得できるようになりました。必要な試合数はランクに応じて決まっています。
クロマに関しては、引き続きスプリット終了時の最終ランクに応じて獲得できます。

【「Season Kickoff」イベント】

Season Kickoffは2023年のLoL Esportsを占うオンライン配信イベントです。LCS、LEC、LCK、LPL、LJL、CBLOL、LLA、PCS、VCSの9つのリーグが主催となり、日本時間2023年1月10日~12日の3日間にわたって行われます。ファンの皆さんにとっては、今年のLoL Esports、そして注目選手たちを知る良い機会となることでしょう。
この大会では、9つのリーグそれぞれに所属している、全プロチームの中から選出された選手たちが競い合います。チームメンバーの選出方法は各地域に委ねられているため、たとえばLCSとPCSでは選出方法が異なっているという可能性もあります。試合はサモナーズリフトのBO3形式で行われ、チャンピオンのバンはありません。また、同じチャンピオンを使い続けることはできなくなっています。優勝チームメンバーの所属元である各プロチームには、エモートを作成する権利が与えられます。エモートはライアットのデザイナーと共同で制作され、その後リーグ・オブ・レジェンドで実装されます。
Season Kickoffは、All-Star Eventを置き換わる形での開催となります。All-Star Eventはこれまで何年にもわたって、多くの選手やファンの方々に特別な時間を与えてくれた素晴らしいイベントですが、現在のスケジュールでは、イベントに出場する多くの選手に負担を強いてしまうことになります。All-Star EventがSeason Kickoffという新たなイベントに置き換わることは、一年間走り続けてきた選手の方々にゆっくり休息をとってもらう機会にもなるはずです。Season Kickoffでは、各地域で年末年始に行われる大会やイベントとあわせて、これまでにない新たな形での楽しさを提供できるものと考えています。

【ソーシャルインパクトチャレンジ】
ジャングルへ施される変更を記念して、「リーグ・オブ・レジェンド」で世界中のプレイヤーが参加できる特別なソーシャルインパクトチャレンジを開催します。1月25日まで、プレイヤーがゲーム内のシーズン2023ミッションを100件完了するごとに、ライアットゲームズからImpactAssetsと提携するRiot Games Social Impact Fundに$1(米ドル)寄付されます。寄付金は環境保全の取り組み支援に活用され、最大寄付額は$100万(米ドル)です。

 

League of Legends 公式サイト

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事