JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『Mid-Season Invitational2022』LoL国際e-sports大会が5月10日から29日まで韓国・釜山にて開催!
投稿日 2022年3月30日
thumbnail

 

合同会社ライアットゲームズは、League of Legendsの国際e-sports大会「Mid-Season Invitational2022(MSI 2022)」を2022年5月10日から5月29日まで、韓国の釜山で開催することを発表した。

今年度の大会では、世界各地の11の地域リーグで優勝したチームが集結し、MSIチャンピオンの栄冠をかけて競い合います。また、今大会はWorlds 2019以来の世界中からの観客の動員を行い、「BEXCO(釜山国際展示場)」を会場として、大会の全ステージがオフライン形式で開催となる。

 

https://twitter.com/LoLJPOfficial/status/1508973269403463683

 

以下、プレスリリースを引用

■トーナメント形式

11の地域で優勝したチームが集い、グループステージ、ランブルステージ、ノックアウトステージで戦います。LCL(CISリーグ)に関して、LCL Spring Splitがキャンセルされたため、MSIには出場しません。

5月10~15日:
グループステージでは出場チームが4チーム1組で3つのグループに分かれ、グループごとにBO1のダブルラウンドロビンを行います。

5月18日~22日:
各グループの上位2チーム、計6チームがランブルステージへと進出し、BO1のダブルラウンドロビンを行います。

5月27日~29日:
上位4チームがノックアウトステージへと進出し、BO5のシングルイリミネーションラウンドで競います。最後まで勝ち残った2チームがFinalsで対決し、競技シーズンの折り返し地点における「リーグ・オブ・レジェンド」の最強チームが決定します。勝利したチームはトロフィーと2022 MSIチャンピオンの栄冠を勝ち取ります。

■Naz Aletaha(LoL Esportsのグローバルヘッド)コメント
「ここ数十年のあいだ、韓国はeスポーツ界の草分け的存在でした。MSIを韓国で初開催することで、eスポーツにおけるこの国の豊かな歴史とファンの情熱、プロチームの才能に敬意を表することができ嬉しく思います。Worlds 2014とWorlds 2018において、釜山は素晴らしい舞台でした。各地域の強豪チームが対決するステージを整えるため、再び釜山の地に赴くことを楽しみにしています。」

■韓国、釜山
釜山は韓国で2番目に人口の多い都市であり、eスポーツの本場とみなされています──釜山に位置する全長1.4キロのビーチ、広安里海水浴場では、StarCraft: Brood War ProLeagueの決勝が2004年から2010年までのあいだ行われていたほか、年に一度の韓国最大のゲーミングコンベンションであるG-Starも釜山で開催されています。この沿岸の街は祭りと映画の街としても知られており、その中心である文化、音楽、アートを呼び物にしています。ライアットゲームズはこれまで、Worlds 2014やWorlds 2018などの国際イベントを韓国で主催してきました。

 

League of Legends 公式サイト

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事