JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『LJL 2022 Academy League』LJL選手育成リーグが7月14日に開幕!
投稿日 2022年7月8日
thumbnail

 

Riot Game Inc.の日本法人である合同会社ライアットゲームズは、League of Legendsのe-sports国内リーグ「League of Legends Japan League」の将来のプロ選手の発展と育成を目的とした「LJL 2022 Academy League」の開催スケジュールを発表しました。

「LJL 2022 Academy League」は2022年7月14日(木)より開幕し、LJL出場の8チームのアカデミー所属選手による全チーム総当たりの5日間のレギュラーシーズンとトーナメントラウンドが実施される。

大会の賞金総額200万円、全試合オンライン形式で行われ、LJLのTwitch公式チャンネルにて配信が予定されています。

 

以下、プレスリリースを引用

LJL 2022 Academy League 概要

<開催日程>
DAY 1 7月14日(木)16:00~
DAY 2 7月21日(木)16:00~
DAY 3 7月28日(木)16:00~
DAY 4 8月4日(木)16:00~
DAY 5 8月11日(木)18:00~
準決勝 MATCH 1 8月25日(木)16:00~
準決勝 MATCH 2 8月25日(木)19:00~
決勝 9月1日(木)17:00~

◆LJL 2022 Academy League 実況・解説

●実況:syouryu(ショウリュウ)
高校生の頃「リーグ・オブ・レジェンド」と出会い、高校選手権に出るためにN高等学校へ転学。2度の高校生大会を経て、持ち前の描写力を磨きキャスターに転向。専門学校で2年間学び、「全日本eスポーツ実況王決定戦」では初代実況王に輝く実力派。「wataneko」とは専門学校在学中に出会い、年齢は下だが先輩という関係によりコンビネーションは抜群。

●解説:wataneko(ワタネコ)
高校生時代に友達から「リーグ・オブ・レジェンド」に誘われ、チームゲームの魅力を知り没頭。アマチュアチームにも所属経験有り。マクロや戦術を考えるのを得意とし、持ち前のデータ知識と経験から試合を考察していく。

【LJL 2022 Academy League シーズン概要】

『LJL 2022 Academy League』は、LJL全8チームのアカデミー所属選手によるレギュラーシーズンを7月14日(木)から8月11日(木)までオンライン形式にて開催します。対戦形式は「Bo1」(Best of 1[1試合を先取したチームの勝利])、全チーム総当たり戦となります。その後、順位に応じた組み合わせによるトーナメントラウンドを8月25日(木)より行い、9月1日(木)に決勝戦を実施。

<開催期間>
レギュラーシーズン:7月14日(木)~8月11日(木)
プレイオフ日程:8月25日(木)~9月1日(木)
<開催日数>
合計7日開催(木曜日 ※開始時刻は近日発表)
<試合数>
レギュラーシーズン28試合 ※プレイオフ日程含まず。
<観戦方法>
オンライン配信
<配信チャンネル>
Twitch:https://www.twitch.tv/riotgamesjp
※各試合は上記の放送プラットフォームでどなたでも無料でご覧頂けます
<出演者>
実況:syouryu(ショウリュウ)
解説:wataneko(ワタネコ)
<出場チーム>
AXIZ、Burning Core、Crest Gaming Act、DetonatioN FocusMe、Fukuoka SoftBank HAWKS gaming、Rascal Jester、Sengoku Gaming、V3 Esports

各日程の対戦スケジュールは後日発表となり、公式サイトlolesports.comでもご確認いただけるようになります。

 

League of Legends 公式サイト

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事