JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『東アジアeスポーツチャンピオンシップ2022』日本が総合優勝を果たす
投稿日 2022年11月24日
thumbnail

 

2022年11月16日から18日にかけて開催された「東アジアeスポーツチャンピオンシップ2022(Esports Championships East Asia 2022, 以下ECEA 2022)」にて、日本チームが総合優勝を果たしたことが明らかになった。

日本,中国,韓国3か国の友好と,東アジアにおけるe-sportsの価値向上を目指して企画されたe-sports国際対抗戦。今年は,中国・上海を配信拠点としたオンライン開催となりましたが,日本と韓国の2か国は韓国・釜山のBRENA(Busan e-Sports Arena)にてオフラインで競技を実施された。

競技タイトルは、「eFootball™ 2023」,「Hearthstone」,「League of Legends」の3タイトル。「eFootball™ 2023」,「Hearthstone」の2タイトルで優勝した日本代表チームが総合優勝を果たした。

大会のアーカイブは日本eスポーツ連合 – JeSU 公式チャンネル YouTubeチャンネルで視聴することができます。

<大会概要>

名称:Esports Championships East Asia 2022 (東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022)
日程:2022年11月16日(水)~18日(金)
会場:オンライン方式
※日本,韓国のみBRENA(Busan e-Sports Arena)にてオフラインで競技を実施
参加国:日本,中国,韓国
実施タイトル(※アルファベット順),および日本代表選手:
「eFootball™ 2023」:Leva選手,koko選手
「Hearthstone(ハースストーン)」:Alutemu選手 (posesi選手は諸事情により欠場となりました)
「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」:Ricky選手,Popon選手,Akainu選手,chilioil選手(以上,前Sengoku Gaming所属),Akabuff選手(前Axiz所属),YSDSコーチ(Sengoku Gaming所属)
賞金:各タイトル総額 約100万円 (50,000元) ※1中国人民元=20円換算として
優勝国:約50万円(2万5千元),準優勝国:約26万円(13,000元),3位:約18万円(9,000元),MVP:約6万円(3,000元)
主催:CCEA (China Culture and Entertainment Industry Association)
大会URL:https://jesu.or.jp/ecea2022/

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事