LoL(リーグオブレジェンド)ってどんなゲーム?

OCAでプロゲーマー体験を実施中!

全国最大クラスの120台のPCが揃ったe-Sportsルームで実際の競技タイトルや学習環境を体験出来ます。
成長著しいe-Soprts業界での将来を考えている方はぜひ一度足を運んでください!

LoLは人気のゲームジャンル「MOBA」

League of legends(LoL)は5vs5のチーム戦で争うMOBAというジャンルのゲームです。MOBAというのはRTSの一種で1体のキャラクターを操作しながら、お金や経験値といったリソースを増やし自キャラを強化し戦います。
e-Sportsの中でも特に人気のタイトルで一時はおプレイヤーが一億を超え、世界各国で遊ばれています。公式プロリーグも世界各地に存在します。
プロチームの頂点を決めるMSI、Worldsと言った国際大会はとてつもない盛り上がりを見せます。
LeagueUという学生向けプログラムもあり、「全日本学生LoL選手権」という大会を開催するなどe-Sports振興に力を入れています。

1分で分かる「リーグ・オブ・レジェンド」はこちら

ゲームルール・流れ

5vs5のチーム戦で、プレイヤーはそれぞれチャンピオンを選びます。
フィールドはマップ上にあるレーン(3本の道)とジャングルで構成されます。
レーンは上から「Top」、「Mid」、「Bot」と呼びます。

戦いの目的は、敵の拠点の破壊です。
レーンにはタワーとよばれる砲台と、敵チャンピオンの妨害があり簡単には進めません。
ミニオンと呼ばれるモブエネミーを倒し、レベリングや資金集めをします(ファーム)。
自軍を強くし、タワーを壊し、レーンを攻略して敵の拠点破壊を目指します。
目的はシンプルですが、多彩なスキルを駆使し、チームと連携しながら立ち回るのが重要です。

世界・日本のプロゲーミングチーム

世界のプロリーグでは韓国、中国が躍進

世界各地にプロリーグがあり、最近では韓国のSK Telecomが有名です。世界大会を5度制覇し、2015年、2016年はWorlds連覇を成し遂げました。近年は敗戦が目立ち、Faker選手以外を総入れ替えし、王者返り咲きを狙っています。
他にも、中国のInvictus Gaming、MSI2019を制したヨーロッパのG2 Esportsなどが知られています。

日本国内のプロリーグ「LJL」はDetonatioNが活躍

LoL日本公式リーグであるLJL(正式名称:League of Legends Japan League)では現在多くのプロゲーミングチームが参加しています。
LJL2019よりライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンの3社による共同運営となりました。チーム数を6から8に増やす、LJLチャレンジャーシリーズを廃止、入替戦をなくし新たなプロプレイヤー発掘制度を作るなど大きな改革を実施し世界レべルで戦えるリーグを目指しています。

LJL2019に参加しているプロゲーミングチーム

  • AXIZ
  • Burning Core
  • Sengoku Gaming
  • Rascal Jester
  • Crest Gaming Act
  • DetonatioN FocusMe
  • V3 Esports
  • Unsold Stuff Gaming

LoLの主要大会

Worlds(正式名称:League of Legends World Championship)

Worldsとも呼ばれる世界大会。日本からはLJLで優勝したチームが代表として参加しています。
Worlds2018ではDetonatioN FocusMeが出場しLJL史上初となるプレイインステージ突破を果たしました。
公式発表では2018大会決勝のユニークビューワー数は9960万人、最大同時接続者数4400万人となっており、その注目度の高さが伺えます。

MSI(正式名称:Mid-Season Invitational)

シーズンの中盤で行われる国際大会です。MSIチャンピオンを決めると同時に、Worldsへの地域シードが決まります。
各リーグの1st split(LJLならSpring Split)を制したチームが参加資格をもちます。

大会の流れ

プレイインステージ、グループステージ、ノックアウトステージの3ステージ構成。
シードのないチームはまずプレイインステージから戦います。

プレイインステージは、12のチームが4つのグループに分かれ戦い、その上位2チームがプレイインノックアウトへ進出。
プレイインノックアウトは、各グループの一位と他のグループの二位が対戦を組まれ、勝者はグループステージへ進出。
グループステージは、プレイインステージを突破した4チームとシードの12チームが参加し、上位2チームがノックアウトステージへ進出。
ノックアウトステージは決勝トーナメントです。全試合がBO5(三本先取)形式。ノックアウトステージの勝者がワールドチャンピオンとなります。

開催中のイベントに参加する

e-sports業界で、好きなこと仕事にしよう!

成長市場のe-Sports業界で働きたい、好きなことで仕事をしたい、という方は是非一度OCAへ遊びに来てください。業界のこと、将来や就職のことをわかりやすくお話しさせて頂きます。

OCAをリアルに体感!

Close