導入美容液「バリアリペア」を
30代女性に訴求する
パッケージ&コミュニケーションツール提案

「健康と清潔と美」をキーワードに、人々の生活に貢献する株式会社マンダムからの課題は、ドラッグストアなどで販売される導入美容液「バリアリペア」を30代女性に訴求するためのパッケージデザインとコミュニケーションツール。思わず手に取って試してみたくなる期待感をいかに表現するかがテーマとなりました。

Creator このプロジェクトに挑戦したOCA生

グラフィックデザイン専攻 3年 前村郁花さん
今回ご依頼いただいた企業 株式会社マンダム

「健康と清潔と美を通じて、奔放に大胆に、あなたの日常を発見と感動で満たす『人間系企業』」を理念とし、化粧品・香水・医薬部外品の製造販売を行う。生活者の美意識を呼び起こすような魅力ある商品・サービスによって、生活者満足の最大化をめざしている。

完成までのプロセス

Project with Company #Vol.05

STEP 01

オリエンテーション

玄米由来成分配合の導入美容液「バリアリペア」は、手軽に始められるプチプラコスメ。その魅力を30代女性に訴求するためのキャッチコピーを含むパッケージデザインやアテンションツール、コミュニケーションツールが課題に。

STEP 02

中間プレゼンテーション

夏休み明けに行われた中間プレゼンでボトルのラフ画を提案。繊細で高級感のあるデザイン案に対し、ターゲットの30代女性はむしろ中身重視であることや、手に取りやすく手軽に始められるイメージを意識してほしいとの指摘を受け、案を練り直すことに。

STEP 03

実制作

「毎日忙しく、つい自分のことを後回しにしてしまう30代女性」をターゲット層に定め、制作をリスタート。バリアリペアというブランドをより印象付けるシンボルマークを含めたパッケージデザインや、SNS展開、雑誌広告、店頭演出を考えました。

STEP 04

最終プレゼンテーションで最優秀賞獲得

うるおいを与えて肌をリペアするという機能を踏まえたシンボルマークや、安らぎや癒しを感じさせるボトル、店頭で手に取りやすい演出など、ターゲット女性の悩みを解決してくれる商品特性が伝わる展開が高評価を得ました。

インタビュー

Project with Company #Vol.05

Question01

オリエンテーションを受けてから、中間プレゼンまでにどのような経緯がありましたか?

20歳の私には30代女性の気持ちはなかなか想像がつかず、ターゲットの気持ちに寄り添うのにまず苦労しました。中間プレゼンで提案したのは球状のガラスキャップにしずく型のボトル、というものでしたが、ドラッグストアには向かないテイストであることや、バリアリペアがターゲットとする30代女性はもっと中身重視であることを含め、ターゲット心理や動向をもっと掘り下げて考えてほしいとご指摘を受けました。

Question02

制作にあたって苦労した点を教えてください。

中間プレゼンの反省を活かし、30代女性の動向を調べているうちに見えてきたのが「仕事や家事に忙しく、自分のことは後回し」という人物像です。そんな女性をリラックスさせる世界観を作りたくて、「やすらぎ肌」をコンセプトに、グリーンを基調とするパッケージデザインや、効能を直感的に訴えかけるシンボルマークを作り上げました。さらにSNSや雑誌での展開、店頭演出などは自作のイラストを使って制作するなどオリジナリティにこだわりました。

Question03

最終プレゼンを終えての感想をお聞かせください。

パッケージだけでなく店頭展開ツールまで考えてプレゼンするのは初めてで、とても勉強になりました。これまでの私は、制作で行き詰まると、すぐに先生に頼って意見を求めてしまっていましたが、今回は自分自身で納得いくまで粘って考え、作り上げたものが最優秀賞をいただけたので、最後まであきらめずに頑張ってよかったなと思いますし、おかげでパッケージデザインにもっと挑戦してみたいという欲が生まれました。

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
マンガ専攻
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close