Project with Company

企業プロジェクト

#Vol.02

大人気ソーシャルRPG
「ゆるドラシル」の
キャラクターデザイン制作

大ヒットRPG「ゆるドラシル」に登場する「妄想の戦神ディース」のデザイン・バトルユニット制作を行いました。ディースの性格や特長をいかに的確にとらえ人物像を作り上げるかがポイント。最優秀賞に選ばれた毛利さんの作品は、ゲーム内のイベント「想いは望走アンビション!」にて実装されました。

Creator このプロジェクトに挑戦したOCA生

ゲームグラフィック&キャラクター専攻 3年 毛利 日香さん
今回ご依頼いただいた企業 クローバーラボ株式会社

大阪を拠点に、スマートフォン向けゲームの企画・開発・運営や、各種Webサービスの提供を行う。代表作であるソーシャルRPG「ゆるドラシル」は600万ダウンロードを突破し、日本だけでなく台湾、香港、マカオなど海外でも配信されている。

完成までのプロセス

Project with Company #Vol.02

STEP 01

オリエンテーション

今回創作する「ディース」の性格や特長などについて説明を受け、「立ち絵」「バトルユニット」「設定図」の3つを仕上げて提出するという課題を出されました。最優秀作品は、ゲーム内で実装されるという特典つき!

STEP 02

ラフ画作成・先生による講評

「ゆるドラシル」の世界観や絵のタッチを守りつつ、3日ぐらいかけてラフ画を作成。ざっくり着色したものを先生に見てもらい、「もっとキャラクターに踏み込んでしぐさを考える」「骨格の不自然なところを直す」などアドバイスを受けました。

STEP 03

3案作成して提出

10日ほどかけて完成図を仕上げ。設定図の書き方は各自にゆだねられていましたが、髪型やコスチュームのディテールが的確に伝わるように、文章や絵を駆使してかなり詳しい説明を書き込みました。

STEP 04

最優秀賞に選出、東京ゲームショウで実装へ!

約80名ほどから応募があった中で、最優秀賞を獲得!キャラにしっかり向き合って考え、丁寧に作り上げた姿勢が評価されました。こうして生まれた「ディース」は、2017年9月の東京ゲームショウで実装のもと発表されました。

インタビュー

Project with Company #Vol.02

Question01

オリエンテーションを受けてから、アイデアが出てくるまでにどのような経緯がありましたか?

「ディース」は、闇属性を持つクールな美少女で、ひたむきで頑張り屋な一面ももっています。そういうタイプならおしゃれにも手を抜かないだろうし、女の子らしい可愛いものも好きだろうと考えて、コスチュームやしぐさのイメージを膨らませていきました。このゲームらしい絵のタッチは意識しつつも、ほかのキャラクターとかぶらないよう、すでに存在しているキャラを調べたうえで、一番個性を出しやすい髪型から決めました。

Question02

制作を開始してこだわったところや苦戦したところはありますか?

シンプルすぎると印象に残らないし、かといって装飾が多すぎるとキャラが死んでしまうので、そのバランスには気を使いました。闘うキャラなので、どこにどんな防具をつけるかも悩んだポイントです。あとは私が絵をかなり細かく書き込むほうなので、そのデザイン意図が企業様に伝わるように、コスチュームのパーツから色指定まで、設定図の説明も詳しく書くよう心がけました。

Question03

プレゼンテーションを終えた後の感想を教えてください。

プロの方たちがふだん作られている設計図を見せていただいて、いかに細部にまでこだわられているのかが伝わってきて、キャラクターづくりの大変さがよくわかりましたし、改めて自分もそういう質の高いものづくりができるクリエイターになりたいと思いました。昔から、自分の作ったキャラクターでたくさんの人を楽しませることが夢だったので、今回ゲーム内で実装されたことで、その夢に一歩近づいた気がします。

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close