OCA卒業生スペシャル
インタビュー

リアルアカウント作者

マンガ家
渡辺 静Watanabe Shizumu

「マンガ家になりたい」夢が現実に変わった場所。

interview 01

マンガ家を目指すことはギャンブルじゃない。
おもしろい作品を描けるかどうか。

子どもの頃からマンガを読むのが大好きで、いつかはマンガ家になりたいと夢見ていましたが、具体的な進路として思い描いたのは高校2年生の頃。『天上天下』(大暮維人先生)という作品に出会いました。マンガ家の間で今も語り継がれているスタイリッシュな作品で、その新感覚で圧倒的な画力に惹かれました。「自分もこんな作品を描いてみたい」。これまでに味わったことのない感情が自分の中で産声をあげました。

プロのマンガ家になれる確率は低く、狭き門をくぐり抜けなればなりません。そのため、周りからは「マンガ家として成功するには運が必要」「マンガ家を目指すのはギャンブル」とも言われましたが、自分自身は「おもしろい作品を描ければ成功する」と考えていました。大切なのは、マンガ家になれる確率をどこまで高められるか。そこで選んだのがOCA大阪デザイン&IT専門学校です。オープンキャンパスにも参加し、先輩たちが描いた作品を見せてもらいましたが、キャラクターの表情からコマ割りの作り方、背景の描き方までレベルが高く、実際、学校で学んだ背景パースの描き方は、現在の作品にも活かされています。ここでなら、マンガ家になるための確率をどこまでも高めていける。迷わずOCA大阪デザイン&IT専門学校への入学を決意しました。

interview 02

作品の先にいる読者を意識した
作品づくりの姿勢を身につけた学校時代

マンガ家を目指して専門学校へ入学したものの、未経験からセリフ回しやコマ割り、パースの技術を身につけるのは簡単ではありませんでした。そんな私を後押ししてくれたのは、OCA大阪デザイン&IT専門学校の先生です。作成したネームを読んでもらって、ストーリーはもちろんコマ割りの細かいところまで丁寧にアドバイスいただき、「どうしたらおもしろくなるか」を追求することができました。マンガ家は、作品の先に読者がいることを意識して描かなければなりません。OCA大阪デザイン&IT専門学校では、先生を読者に見立て、くり返しネームを読んでもらったことで、自然と読者を意識した作品づくりの姿勢が身についたと実感しています。

その後、1年生の時に描いた『聖しこの夜に…』という作品が、マガジン編集部の目に止まったことがきっかけで、マンガ家デビューを果たしました。OCA大阪デザイン&IT専門学校では、全国の滋慶学園COMグループの姉妹校から選出された優秀作品を『EXTRA』という作品集に掲載し、マンガ・イラスト・小説系の主な出版社に直接送付しています。それを読んだ編集者から、直接メールをもらった時は感動しましたね。担当編集者がついたことで、プロとしてやっていける自信が身につきました。

interview 03

一つの作品を描き上げた
その先にあるマンガ家人生のスタート

作品づくりのおもしろさは、自分が作ったキャラクターが、生きているように呼吸をし、様々な表情を見せ、動き出すことにあります。「お前はどう動きたいの?」「こうやって動いてくれるかな?」と日々キャラクターと向き合い、キャラクター自身の声に耳を傾ける。
キャラクターとの偶然の会話を通して生まれた、想像を超えるカタチこそが、読者の気分をグンと弾ませるおもしろい作品につながっていくと確信しています。

これからマンガ家を目指すキミに伝えたいのは、一つの作品を描き上げてほしいということ。「もっと上手になったら…」「おもしろいストーリーが思い浮かんだら…」と言って、マンガを描き上げるのを待っているのはもったいない。マンガを描いていると、途中でくじけそうになる瞬間があります。私自身も納得のゆくネームができず、描いては捨て、描いては捨てを繰り返すこともあります。けれど、その困難を乗り越えて、作品を最後まで描くという達成感を味わってほしい。その先にマンガ家としてのスタート地点があるはずです。

渡辺先生が通ったOCAで
マンガ家体験を受けてみよう!

  • マンガ専攻
  • マンガ家体験

OpenCampusイベント・オープンキャンパスを常時開催中!

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
高速バスサポート
マンガ専攻
スペシャルインタビュー
ネットAOエントリー
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close