BLOG

マルヤマのマンガリポート#2

みなさんこんばんわ
マルヤマのマンガリポート第2弾です
まずはイチオシ!
現在モーニング・ツーで連載中の作品
鎌谷 悠希先生の「少年ノート」
ヤバイです。
かなりキテます。
こんな表現方法があったのか!と目からうろこが落ちそうです。
合唱部の青春群像劇なこの作品、
キャラクターの心情を美しく、そして絵としても素晴らしく表現されています。
思わず、”このマンガが凄い!”と独り言を言ってしまいそうです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お次に、
FEELYOUNGで好評だった作品
宇仁田ゆみ先生の「うさぎドロップ」
30歳の独身男・ダイキチと、祖父の隠し子である少女・りんとの擬似親子生活を、
ほのぼのかつハートフルに描いた心温まるストーリー。
ダイキチの父親?としての気持ちや、りんの成長する様子、そして移り変わる心が
上手く描かれていて、共感を呼びます。
実写映画化もされ、アニメ化もされた本作品。
女性作家ならではの表現力ですね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お次に、
男ならぜひ読んで欲しい作品
福本 伸行先生の「カイジ」←図書室に置いてます。
借金に見舞われたダメ人間の主人公カイジが、命がけのギャンブルに挑戦し続ける話。
ギャンブルのからくりや駆け引きの巧妙さも読みどころとして熱いのですが、
それよりも、その展開の中で描かれる、社会の縮図や人間の性、人生の意味、友情、善と悪・・・
といった深い気づきが福本マンガの醍醐味ですね。
とにかく熱い。深い。
人生を、生き方を考えさせられる作品、と言ってもいいかもしれません。
いや、それは言いすぎかもしれません。。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
最後に、入手困難な古い名作
島本 和彦先生の「燃えよペン」
どこにでも居るありふれたマンガ家?”炎尾燃”とそのアシスタントの日常劇。
どこが日常なんだと?と言うぐらいのアクションシーンだらけの作品。
マンガ家の生活を描いてるのですが、熱すぎてページも燃えてしまいそうなぐらいです。
その熱さっぷりが面白いのですが、もしかしたらこれをギャグマンガとして読んではいけないのかもしれません。
むしろ、マンガ家として生きる=戦い続ける、という至って大真面目な話なのかもしれません!!!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いやー、マンガって本当に素晴らしいですね。
古典も新作も、
面白いマンガはいつ読んでも何度読んでも面白いですね。
日本で良かった。
ここで紹介したマンガはいつでもお貸しします。
また、このマンガを紹介せよ!
というリクエストも受け付けております。

OCAをリアルに体感!

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
Twitter
AIクリエーター専攻
オープンキャンパス
マンガ梁山泊
高速バスサポート
東京ゲームショウ
スペシャルインタビュー
ネット出願
ホワイトハッカー
今春新設!e-sportsワールド
資料請求
Close